HOMEADMISSION > Q & A

Q & A

logo

IYKについて、もっともっと知っていただく為に、
よくあるお問い合わせについて、お答えいたします。



●○●Q1.イマージョンクラスとスタンダードクラスの大きな特色の違いを教えてください。●○●

A1. イマージョンクラスは、外国籍教員と日本人教師の二人担任で、英語で活動が進められるクラスです。また、二人担任のため、お子さま達一人ひとりを決め細やかに見ていきます。教師からの指示などがすべて英語なので、日常的に英語を耳にしている状態で、さらに、クラス活動やPhonics活動を通してたくさんのフレーズ、単語、アルファベットに触れていきます。
スタンダードクラスは、日本人教師が一人で担任をし、日本語で進められるクラスです。各学年に2クラスずつあるスタンダードクラスは、年少組はそれぞれのクラスにサポート教師が、年中・年長組は、2クラスに一人のサポート教師(外国籍教員)が付きます。英語、音楽、運動、文字かずなど様々な活動を体験できるクラスです。

●○●Q2.外国籍教員がたくさんいるようですが、
スタンダードクラスにはどれくらい英語でサポートに入るのですか?●○●

A2. 朝の自由遊びの時間では、外国籍教員が一緒に遊び、クラス活動が始まると、学年に一人外国籍教員がサポートに入るため、朝の会、クラス活動、ランチ、クラスでの遊びの時間、それぞれをほぼ一緒に過ごす環境になります。朝の会ではMorning Meetingをお子さま達と一緒に英語で進め、クラス活動では“Get your crayon.”など、英語でサポートに入ります。ランチタイムでは、給食を配るときに“May I Have a lunch please.”とお子さま達と言う、などです。スタンダードクラスでも、外国籍教員と一緒に触れ合う時間がたくさんあります。

●○●Q3.イマージョンクラスは、音楽やプールのレッスンを受けられますか?●○●

A3. 専門講師によるプールレッスンは、スタンダードクラスと全く同じく、だいたい週に一回あります。 専任講師が行う音楽レッスンは、スタンダードクラスは週に一回なのに対し、イマージョンクラスは月に一回です。また、内容はクラビノーバ(鍵盤楽器)ではなく、年少組は打楽器、年中組はハンドベル、年長組はメロディオンを行います。その他に、HTがクラスで英語の歌をうたったり、HTの日本人教師が、音楽活動を行います。

●○●Q4.イマージョンクラスは、バス送迎をしてもらえませんか?●○●

A4. イマージョンクラスは、なるべく英語の環境で過ごせるように、ご家庭の送り迎えをお願いしています。  朝は、外国籍教員が玄関で出迎え、ご父母さまからお子さまをお預かりし、英語で話しながら、幼稚園生活がスタートします。帰りも、外国籍教員が玄関まで送り、お子さまの様子を英語で伝えます。お子さまだけではなく、ご父母さまとも英語でコミュニケーションをとることのできる環境です。 【園バス運行エリア】へのリンク

●○●Q5.少人数制ということですが、一クラスに人数はどれくらいで、サポート教師は何人ですか?●○●

A5. 年少組から年長組まで一クラス、大体15人から21人の人数です。また、イマージョンクラスは常に二人担任、スタンダードクラスは、年少組は各クラスに一人のサポート教師、年中・年長組は学年(二クラス)に一人のサポート教師が付いています。

●○●Q6.バスコースの範囲を教えてください。●○●

A6. 幼稚園バスは4台あり、西区、北区、中央区を主に回っております。バスコースはその年に在園するお子さまで編成しますので、毎年若干変更しております。詳しくは、バス運行エリアをご覧ください。

●○●Q7.まだオムツがとれていないのですが、大丈夫ですか?●○●

A7. オムツでも入園いただけますので、ご安心ください。お子さまに合わせて、HTとご家庭で連絡をとり、トイレットトレーニングを進めてまいります。

●○●Q8.食べ物にアレルギーがあります、大丈夫ですか?●○●

A8. 入園される時に、アレルギー調査を行い、その後幼稚園の栄養士が直接ご家庭と連絡をとり、一人ひとりのお子様の状況を把握して対応しております。インターナショナル山の手幼稚園は、施設内に給食室があり、自園炊飯完全給食になっておりますので、アレルギーのお子さまには、対応食がつくられ、そのお子さまのプレートに名前の札がついてクラスに配膳されますので、どうぞご安心ください。

●○●Q9.母親が参加する行事や茶話会は多いですか?●○●

A9. お母さまが主になって参加される行事は7月に行われる『キッズカーニバル』です。『キッズカーニバル』は、幼稚園内に、クラスごとお母さま達がお店をつくり、当日はお子さま達がそのお店をまわって楽しむ、という行事で、お母さま達は、お店の案づくりから、お店の準備、当日のお店番などを、クラスのキッズカーニバル係のお母さま中心になって進められます。また、「絵本のよみきかせ」が年に何回か行われますが、こちらは強制ではなく、希望される方のみの参加になっております。 それ以外の参観日やPhysical Festival(運動会)、表現Festival(発表会)などの園行事では、親子登降園をお願いしております。茶話会は、クラスによって違いますが、大体年に3回くらい開かれております。