HOMENATURE DISCOVERY > July’s Nature Discovery

July’s Nature Discovery

Senior・年長組

Senior

 年長組7月のテーマは、『心をこめて育てよう』です。年長組が園庭の畑で育てているじゃがいもには、ついに綺麗な紫色の花が咲き「真ん中は黄色くなってる!」などと、自分のじゃがいもの花の観察に夢中のお子さま達。そんな時に行われたNature Discoveryでは、まったく育たないMr. Ianのじゃがいもについての劇をみんなで見ました。Dr. Vegetableが登場してホワイトボードに貼られた、スペシャルな畑を使い、この日は特別に畑の中を覗いてみることに! 畑を覗くとやっぱりMr. Ianのじゃがいもは一つもできていません。年少の時から、作物が育つには“太陽の光と水や雑草を抜くこと”が大切なことはよくわかっている年長さん。この日は、それがなぜなのかをDr. Vegetableに教えてもらいました。大きな石があると生長の邪魔をすることや、雑草が生えていると栄養がなくなってしまうことを学びましたよ。収穫まであと少し。畑で育てているじゃがいもの世話をする大切さを再確認し、進んで世話をしようという気持ちが高まったNature Discoveryでした。

Intermediate・年中組

Inter

  年中組7月のテーマは『土の中でも実が育つ』で、ベジキングからのクイズに挑戦しました!まずはみんなが育てているピーマンの苗が、花が枯れて実がなっていることを写真で教えてくれたベジキング。白いピーマンの花が枯れ、その下からピーマンの小さな実がなっていました!これからもお水をあげたり、太陽の日差しを浴びてぐんぐん大きくなるためにお世話を頑張ろうと思ったお子さま達。それからベジキングからクイズ!じゃがいも、ピーマン、トマトは土の中で育つのか?それとも土の上で育つのか?まずは土の絵にそれぞれの種を植え、お水をあげて、Grow, grow, grow!のおまじないをすると、にょきにょきと苗が大きくなり、それぞれの花が咲いた絵が現れました。それぞれ違う色の花が咲くことにも気づいたお子さま達。みんなでじゃがいもは土の中、ピーマンとトマトは土の上で育つとクイズに正解し、土の中でも太陽からの栄養を根に運ぶことで、大きなじゃがいもの実になることを知りました。みんなのピーマンがこれからもっと栄養を得て、ぐんぐん大きく、そして美味しくなることが楽しみになった年中組でした。

Junior・年少組

Junior

 年少組の7月のテーマは『みがなりだした』でした。園庭の畑のふかふかの土。水と暖かい太陽の日差しをいっぱい浴びて大きく生長したトマトの苗。今回も遥々やって来たCaptain Planetは、「トマトの実はどこになるでしょうか?①土の中。②花が咲いたところ。さぁ~、どこでしょう?」という2択クイズをもって登場です。お子さま達は真剣な表情で考えます。果たして、その答えは…?
「う~ん、迷うな~。」「雑草抜きに行った時に花のところに緑色の実がなってなかった?」
「そうだね!」そんな会話があちらこちらから聞こえてきます。そう答えは②の“花が咲いたところ”でした。
みんなで植えたトマトの苗は、背丈が伸び、黄色い花をたくさん咲かせ、今はたくさんの緑色の実をつけています。夏休みの間に温かい太陽の光をもっともっと浴びて、緑の実がどのように生長していくのか、そして、収穫を楽しみにしている年少組のお子さま達でした。

June’s Nature Discovery

2017年08月16日