HOMENATURE DISCOVERY > August’s Nature Discovery

August’s Nature Discovery

Senior・年長組

年長

 年長組8月のテーマは『食べものに感謝しよう』です。じゃがいもの収穫やCrops Thanksgiving Dayで、食への興味が高まる8月。年長組では、春から育ててきたじゃがいもの栽培について様々なことを振り返りました。生長に欠かせない太陽の光・水・土についてや、水やりや雑草抜きなどどのようにお世話をしてきたかなど、収穫に至るまでの4か月の栽培活動ではたくさんのことを学んできました。大切に育ててきたじゃがいもを収穫し、それをいただくという経験を通して、食べ物への感謝の気持ちをもつことができるようになった年長さん。“いのち”の大切さも経験を通して学ぶことができたようです。また、今回のNature Discoveryでは、じゃがいもを使ってできる、おいしい料理についてもたくさん知ることができ、「今日つくってもらおう!」と、自分達で収穫したじゃがいもを食べることを楽しみにしていました!

Intermediate・年中組

年中

  年中組8月のテーマは『食べられるものはどれ?』で、べジキングの国のプリンス、“ベジプリンス”が遊びにきました。ベジプリンスは、どうやらベジキングが育てている畑から、野菜をたくさん収穫した様子。しかし、いつが“食べごろ”でおいしい野菜かわからず、緑や赤のトマトや、まだ膨らんでいないピーマンと大きく膨らんだピーマンなど、色や形が様々だったので、美味しく食べられる野菜はどれかみんなで一緒に考えました。年少組の時に育てたトマトについて聞くと、「美味しいのは赤いトマトだよ!」と自信たっぷりに教えてくれたお子さま達。今みんなで育てているピーマンは膨らんでいる物がおいしいことなどについても知ると「幼稚園のピーマンも大きかったよ」と嬉しそうに話していました。いろいろな野菜でつくる美味しい料理を教えてくれる“Cooking マシーン”に食べごろの野菜を入れてから“Yummy, yummy,yummy!”とMagic wordを唱え、ピーマンの肉詰めやピザなど、たくさんのおいしい料理の写真が出てくると「美味しそう!」「食べたいな!」と、採れた野菜を食べることに期待を膨らませていた年中組のお子さま達でした。

Junior・年少組

年少組

 年少組の8月のテーマは『野菜を食べよう』でした。1学期にCaptain planetからもらったトマトの苗は、太陽の光と、ふかふかの土、たっぷりの水ですくすくと生長し、いよいよ収穫の時が来ました。“おいしいトマトはどんなトマトなのかな…。”と考えている年少組の元に、今回もCaptain planetが教えに来てくれました。“赤いトマト”と“緑のトマト”どっちがおいしいのかな…とクイズにも挑戦!赤いトマトの中には沢山の栄養素があり、ビタミンやリコピンは体を元気にしてくれる働きがあることも知りましたよ。おいしいトマトがわかったところで、年少組みんなで収穫に!「あ!あそこにも赤いトマトあったよ!」と笑顔で収穫を楽しみました。その日のLUNCHでは、自分達で育てたトマトを食べ、「いつものトマトより甘い!」「おいしいね!」と話をしていた年少組のお子さま達でした。
2017年09月15日