HOMEMESSAGE FROM IYK > 学校の先生

学校の先生

3-9-21

 一年中で一番快適な月を迎えて、お子さま達は最高に楽しい日々を送っております。
 先ず、去る9月21日に盛大に催されたスポーツフェスティバルの余韻は日を追う毎に盛り上がって走る・とぶ・舞う・おどる・唄う……などなど、友達同士の遊びの内容とつながりに深みを増し続けております。此の機会を通して、きっと友達も増え、益々仲良くなっていってくれることでしょう。

 札幌の短い秋は、10月に濃縮されてしまうような気がする最高の季節とさえ思われます。

 幼児期の心身の発達を歓楽していますと、秋は「骨」の成長が著しく、特に「足」が大きくなります。外ぐつとうわぐつのサイズを点検して少し大き目のものを与えてあげて下さい。特に年長組のお子さまには、下着類をはじめ少し大き目のものを与えて下さい。

 話は少し飛びますが、私は毎年初秋の10月を迎えると、園を創立した52年前を想い出します。それは、8月号のコラムで少しふれましたが、日本の敗戦で、「学校の先生」を信じられなくなったことが原点だったからです。

 「学校の先生は大嘘つきだ!」を許せなかったからです。そのために私は、「自分が嘘をつかない学校の先生になって、子どもたちを信用させよう!」と、決意しました。それが中学一年生の夏でした。

 それからの学校生活は「先生の品定め」の毎日だったような気がします。お陰で、英語(単語の暗記)に熱中する毎日で、友人とコンサイス英和辞典を一ページ一ページこつこつと暗記し、やぶってのみ込むような競争を続けていました。その当時の緊張感は70年経った今でも時々夢に見てうなされることがあります。

 「先生を信用できない生徒」の居ることは教育に百害あって一利もありません。私は、大げさかも知れませんが、自分一人ででも生徒に信頼させる先生になろう!嘘をつかない先生(人間)になろう!と中学生の時に決めてしまいました。「嘘をいわない人生」は、言うは易く、実行は極めて難しいことです。世の中を生きることは、「嘘も方便」を通すことがあたり前のことのようです。しかし私は、「嘘を言わない人生」を心がけ通してゆくべく、身を正している毎日です。
 「人生は修行」といわれます。幼な児に伝える言葉に裏表があってはならないことを心して生きております。ご自愛切に。

  We’ve entered the most comfortable month of the year, and the children are passing the days enjoyably. First of all, the Sports Festival on the 21st is always a wonderful chance for the children to run, jump, skip, dance, while forming deeper friendships at the same time.
  Here in Sapporo, autumn is quite short, and almost totally condensed into October. Nonetheless it is a wonderful season. One of the more enjoyable things to observe when children are growing up is how much they seem to grow in the fall. Their “bones”, especially their “feet” seem to grow faster, so please take this into account when buying new indoor and outdoor shoes. Parents of senior class children especially should provide them with clothes slightly oversized.
  Not to change the subject, but whenever October rolls around I always find myself remembering when I first founded the kindergarten over 52 years ago. The reason is, as I mentioned in my August column, I could no longer trust “school teachers”. I couldn’t forgive the fact that “Teachers are a bunch of liars!”
  For that reason I thought “I will become a teacher who doesn’t lie, someone the kids can trust!” This was the summer of my first year of middle school. I feel like the days after that were only spent evaluating the abilities of the teachers around me. My friends and I especially put a lot of effort into memorizing English vocabulary, always competing to be the first to commit a page of the dictionary to memory. Even now that feeling of that feeling of nervousness still shows up in my dreams, almost seventy years later.
  A school with “students who cannot trust their teacher” has no chance of bestowing any knowledge. While it may seem like exaggeration, I really did decide all the way back in middle school that I would be a teacher kids could trust! A teacher who never lies!
  It’s easy for one to say they will “never lie”, another thing to do it. In the world we live in, “lies can be convenient” has become a matter of fact. However I have committed myself to living an honest life. It is said that “Life itself is training”. It is my aim to not make statements to children that are anything but the truth. Take care.
2014年10月05日