HOMENATURE DISCOVERY > May’s Nature Discovery

May’s Nature Discovery

Nature Discovery

Senior・年長組

年長組、5月のNature Discoveryは、「人間も自然のひとつ」というテーマで、教師劇を見ました。お腹がすいた男の子と女の子がお店へ行って見ると・・・「クイズに答えたら、食べ物をあげよう」とお店の人に言われ、3つのクイズに挑戦。①じゃがいもは、“ね”からできるでしょうか、“くき”からできるでしょうか? ②たねいもは、“め”があるでしょうか、それとも“みみ”があるでしょうか? ③じゃがいもを植える時は、切り口を上にするでしょうか、下にするでしょうか? という問題に、年長組と一緒に次々と答えていきました。そして、最後には、クイズに全問正解したプレゼントとして“じゃがいもの種芋”をプレゼントされましたよ。その2週間後には、さとらんどへさつまいもの苗植えにも行きました。じゃがいもとさつまいも、どちらも“いも”だけれども、植え方、なり方、花、それぞれ違いがあることを学んだ年長組は、じゃがいも、さつまいもどちらの収穫も楽しみにしています。

Intermediate・年中組

5月の年中組のNature Discoveryは『芽生えと花』というテーマで行いました。「植物が育つには何が必要かな?」という問いに、「お水!」「お日様の光!」「お掃除!」「大きくなってね!って言う!」と元気に答えてくれた年中組のお子さま達。教師が、何の植物かわからないけれど、種を植えて、みんなが教えてくれたように、水をあげたり、土のゴミや雑草を取り除いて、きれいに掃除してあげると…大きな花が咲き、なんと、にんじんができました。お子さま達は、年中組で、にんじんを育てることを知ると「たくさんお水をあげる!」「お掃除もしなきゃ!」「お天気になるようにてるてるぼうずをつくろうかな♪」とにんじんの種植えを楽しみにしている様子でした。Mr. Tomに「Grow! Grow! Grow!」の魔法の言葉を聞いて、「大きな声で言おうね!」と言うかわいい年中組さんでした。

Junior・年少組

年少組、5月のNature Discoveryのテーマは『たねと水』です。おいしい野菜や花を育てるには、〝元気な土〟と〝お日さまの光〟、そして〝水〟が必要なことを知り、種から少し大きく生長した、ミニトマトの苗の匂いをかいでみたり、葉っぱに触れたりした後、園庭の畑に自分達で苗植えに行きました。畑に掘られた小さな穴に、友達と一緒に苗を優しく入れ、仕上げにそ~っと土のお布団をかけ、自分で植えた苗がわかるように名前のマークのついたプレートもたてました。おいしいトマトがたくさん実りますようにと願いを込めて、“Grow!Grow! Grow!”のおまじないもかけましたよ!
 いよいよ年少組の菜園活動の始まりです。「早くトマトならないかな~?」と今から夏休み明けの収穫を楽しみにする声もたくさん聞かれました。みんなで大切に育てたいと思います。
2015年06月15日