HOMEMESSAGE FROM IYK > 「図鑑」で親子コミュニケーションを

「図鑑」で親子コミュニケーションを

iyk

 今年はなかなか暑くならない夏の始まりでしたが、ようやく強い日差しと蒸し暑さがやってまいりました。いよいよ明日から夏休みが始まります。振り返ると、私達大人にとっては、あっという間に過ぎてしまった一学期ですが、幼いお子さま達にとっては、一人ひとりの目覚しい成長の姿に表れているように、とても永く、そして貴重な毎日の一学期だったことと思います。

 ある僧侶がこんなことを言っていました。大人は、年を重ねるにつれ、月日が流れるのが早く感じますが、それは、それまで生きてきた経験から、日々の生活の少しの変化にもなんとなく自分なりに対応でき、同じような毎日の流れになっているからそう感じる、それに比べ、幼児は、毎日が新しい経験の連続で、刺激を受けているため、日々の一つひとつの出来事をよく覚えており、その記憶は大人になってからも残っているため、幼少期の出来事は「早かった」とは思わない、ということです。確かに、「今年ももう半分以上が終わってしまった。」と感じているのは大人だけで、お子さま達は楽しかったことをいつも、何度でも口にし、毎日を楽しんでいる感じがします。

 7月から8月にかけての夏休みも、ともするとだらだらと日常が過ぎてしまいがちですが、お子さま達にとっては、心身ともに一回りも二回りも大きく成長できるチャンスの日々。さらに家族のみなさまと同じ経験を共有できる貴重な時間です。旅行へ行く、など大きなイベントではなく、一緒に外を散歩する、お子さまとたくさん話し、一緒に同じことをする、そんなささいな日常でも、お子さまにとっては貴重な夏休みになります。

 先月号でお子さまの「好奇心」を伸ばしてあげたい、ということをお話しましたが、お子さまの好奇心を育てる一つの道具として『図鑑』があります。『図鑑』には、「知りたい」と思わせるしかけが詰まっています。絵や写真を見ているだけでももちろん楽しいのですが、「これはなんていう名前だろう?」「どんなことがかいてあるんだろう」「めくったら、なんか出てきた!」そんなワクワク感が感じられ、さらに、そのために「文字」も覚えていきます。「なぜ?」「どうして」の質問期が始まる3歳は、特にやさしく見やすい図鑑がぴったりです。図鑑に興味を示さないお子さまも、「親が楽しそうに見ている図鑑」には興味をもち、例えば普段道で草花を見つけ、「何の草花かな?帰って一緒に図鑑で調べてみようか?」の一言で、図鑑でわかる、一緒に探せる、わかると楽しい、という気持ちがつくられていきます。
人から聞いた話、国の名前、星、昆虫、動物・・・普段の何気ない会話からでてきたことばを一緒に図鑑で調べてみる。それだけでお子さま達は、大好きな家族の方と一緒に過ごし、また貴重な学びの時間になります。図鑑を通して、また可能なら本物にも触れ、夏休み中、ぜひお子さまとたくさんコミュニケーションをとっていただければと思います。
 
最後になりましたが、7月6日に行われたキッズカーニバルでは、準備から当日まで、本当にありがとうございました。ご父母さまが中心になって進められる大きなイベントキッズカーニバル。お子さま達にとっては、大好きなお父さま、お母さまが一生懸命準備してくれた、ということを肌で感じ、その嬉しさが笑顔に溢れていました。2学期、また元気に幼稚園へ登園されますことを心待ちにしております。

It hasn’t been a very hot start to summer, but now the hot and sunny days are starting to increase in number. From tomorrow, summer holidays will start. While it went by in the blink of an eye for us as teachers, I’m sure that the experience was both long and precious for all of the young children involved.

Once, a monk made the following observation. As we get older, it begins to feel like the days pass by faster, but the truth is that our experiences up until the point has allowed us to respond to our daily challenges more easily, making things seem to pass faster. Compare this to our childhood, where everything we experience is for the first time, and the passage of time feels normal. While an adult may feel like “Wow, half a year has already passed.”, the children are having fun, and talking about what they do any number of times.

The summer vacation that takes place across July and August may feel like a passage of time, for the children, this is a time that can see them grow by leaps and bounds. It is also a great chance to have experiences together, as a family. Things like travel, or attending events are great, but even little things like taking a walk together, talking a lot, and more are good too. It might feel like a small thing, but it is very precious for the kids.

Last month, we talked about nurturing children’s curiosity. One great tool for doing this is picture books and dictionaries. These books are built to make children think “I want to know more.” While just looking at the pictures is fun, wondering “What is this called? What’s written here? Wow, look at this!” leads to lots of anticipation. It also helps children remember letters and words. Good picture books are great for three year olds, who begin asking “Why?” in earnest.

Even children that aren’t interested in books will take an interest when they see parents using them. Something as simple as “What’s this flower? Let’s check it when we go home!”. Children can research countries they hear about, planets, bugs, animals… a whole world of knowledge is available. It is also a great chance to learn something at home together. If possible, it would be great to give children a chance to see the real things, too.

In closing, I would like to express all of our thanks for the Kids Carnival on July 6th. It is a big event that puts a lot of pressure on parents to prepare for. For the kids, it is great to experience something that their own parents put effort into preparing, and it was obvious in their smiling faces. I hope to see everyone in good spirits come the second term.

2016年08月05日