HOMEMESSAGE FROM IYK > 親子スキンシップで、多様な動きができるからだに

親子スキンシップで、多様な動きができるからだに

top

 9月17日に行われたPhysical Festivalでは、ご家族の皆さまをはじめ、たくさんの方々のご参加をいただきまして、盛会に終始できましたことを、心よりお礼申し上げます。今もお子さま達は、当日を迎えるまでの練習の時とはまた違った雰囲気で、ExerciseやDanceなど、Physical Festivalの余韻を楽しんでおります。

 Physical Festivalへの取り組みが始まる前、年長組は4月から、「大きい組になったから、よさこいできるよね?」「大きい組になったから、一輪車頑張りたい。」などと口にしていました。そして本番を立派にやり遂げた年長組。今では、年中組が、年長組のよさこいの曲を聴いて見よう見真似でやってみたり、年少組が年中組のダンスの曲を聞いて、体を軽快に動かしている姿が見られます。幼稚園の中で一番大きい年長組は、年中組の目標とする像であり、年少組にとって年中組は、歳の近いお兄さん、お姉さん。クラスや学年で活動する時にはあまりかかわりはないのですが、お子さま達はお兄さん、お姉さんの姿をよく見ていて、その憧れが、「こうやってやるんだ」という学びなり「○○できるようになりたい」という意欲へとつながっています。心の成長を促す『縦のかかわり』も10月は大切にしてきたいと思っております。

 さて、急に気温が下がり、秋が深まってまいりました。秋は寒い冬に備えて「体力をつける季節」でもあります。インターナショナル山の手幼稚園では、マット、竹馬、鉄棒と年々運動器具をリニューアルし、また今年度はスポーツクラブの方を講師として招き、教員の研修会を開いたり、子育て支援日では講師の先生と一緒に、実際にお子さま達と運動したりと、Swimming lessonにプラスした運動活動の基盤をつくっております。その中で必ず話題としてでる今の一般的なお子さまに見られる姿が、「転んでも手をつくことができず、顔を打ってしまう。」「少し歩くとすぐにしゃがみこんでしまう。」「自分の思い通りにならなかったら、遊びの場から離れてしまう。」「順番を待つことができない。」といった現状でした。

 しかし実際のお子さまの様子を見ると、「体を動かすこと」自体は大好きで、園外教育で公園へ行った時、遊び時間中、高い小山の登り降りを繰り返し楽しんでいたり、転がしドッジボールを当てられても、「またやりたい」と意欲的に行っているお子さまはたくさんいます。ただその中で『基本的な動き』ができないがために、動きがぎこちなく、縄跳びや鉄棒、ボールなど、器具を使いこなす際に不器用なお子さまもいます。『基本的な動き』は、大人と手をつないでジャンプをする、伸ばした足の上にバランス立ちをする、腕にぶら下がるなど日常的に、そしてお子さまと楽しくスキンシップをとる中で自然に身に付けることができます。また、ルールや順番を守ることも、日常生活の中で大人がしっかりとした態度で促すことでお子さまは理解して行動できるようになります。『運動』は、運動能力の向上だけではなく、学習意欲や社会性をも育みます。Physical Festivalが終わり、ますます自分の体をコントロールすることが楽しくなり、自信をもっていくお子さま達に楽しく体を動かす機会を与えてあげたいですね。

First of all, I would like to take a moment and thank all of the families who attended and/or assisted with our Physical Festival on September 17th . The kids are still having fun even now practicing their dances and exercises that they learned in preparation for it.

Ever since April, long before Physical Festival preparation began, the Senior class students had been wondering if they would get to do things like the yosakoi dance, too. They did a wonderful job when their turn came. As a result, the Intermediate children watched and imitated them, while the Junior children had a chance to see how cool the Intermediate dance could be, in turn. The Senior classes always serve as something for the Intermediates to aspire to, and the same can be said of Juniors learning from Intermediates, too. While most activities take place within classes or grades, it is these times where the younger children are able to observe, and in doing so gain a desire to perform a dance or activity themselves . Going forward in October I am hoping to foster a good environment for this kind of interaction.

The days have grown cooler and autumn is here. It is a season to build the stamina that gets us through the winter. The exercise equipment like mats, stilts, and iron bar have been refurbished here at IYK, and teachers even undertook exercise training from an instructor. These same instructors also helped us to conduct one of the Mother Support Days as well. These days there is a lot of talk concerning children’s physical fitness, whether it be walking long distances, catching themselves when they fall, or just having patience and waiting in line.

But the reality is kids really love doing physical activities. For instance, when we visited the park many of them enjoyed simply running up and down the small hill that was there. Another example comes during dodgeball, where even children that are tagged out say “I want to play more!” The problem arises when the children haven’t developed their base motor skills. This leads to them getting tired or not being able to use a ball or other equipment properly. Some of these can even be trained at home, like holding hands and jumping together, balancing on one foot, or just hanging off of mom or dad’s arms. Also, children pick up on things like rules and taking turns by having a good example set for them by adults. Exercise doesn’t simply make us physically fit, but can also teach us life skills and learning to cope with wants and needs. It will be great to give the children a chance to move their bodies about a lot in the coming months!

2016年10月05日