HOMEMESSAGE FROM IYK > 成長の節目の3学期

成長の節目の3学期

HP

2017年、幸運を「とりこむ」と言われる酉年がスタートしました。新しい年を迎え、皆さまの限りないご多幸を心からお祈りいたします。

一年の中で一番、目に見える成長が感じられる3学期。3学期始業式には、久しぶりの幼稚園にわくわくした気持ちを抑えられないお子さま達が、教師の話が始まるとすっと姿勢を正し、ただ「聞く」だけではなく、話の内容をよく聞いて、理解し、自分なりに考える姿に、早速その成長が感じられました。

年少組のお子さま達は身支度や排泄、食事などの基本的な生活が自分でできるようになり、「どうして?」「なぜ?」を連発して、活動的、意欲的になり、自分の力を十分に発揮して成し遂げようとする発達段階に入りました。「よく話し、よく質問する」お子さま達は、さらに物事への事象や友達など外への目を広げていきます。椅子に姿勢よく座る、怪我をしないように注意して遊ぶ、目と足と胴と手を組み合わせ動作が上手にできるなど、身体のコントロールも上手になり、他人のもの、共同で使うものなどの区別もできるようになって、相手を意識して動いたり、「待っててね」「いいよ」「ありがとう」などの言葉を状況を理解して使えるようになっていきます。

年中組のお子さま達は、心身ともに全体的に均衡がとれ、行動を起こす前に考えることもできるようになり、友達とも円滑に交流し、けんかの解決も自分でしようとする反面、自分や他人を批判する力も発達して、不当に思うことを黙って見過ごせない正義感と勇気が出てくる時期です。しかし、この不当と思うことの基準が、経験不足や状況を多方面から把握できないことから、正しくない時もあります。精神的に安定を求める段階でもあるので、自分の思い込みやご両親に認められたいという気持ちから、思い込みで告げたり、批判することもあります。この時期は、家庭でのご両親との安定した情緒的な結合を求める時期ですので、ご両親がお子さまと一緒に絵本を読んだり、散歩をしたり、絵を描いたりし、お子さまとご両親とのかかわりを多くもたれると、情緒の安定した、温和で素直な性格が形成されていきます。

そしていよいよ卒園を迎える年長組のお子さま達は、活動的で、自分でしようと思ったことは大人のいいつけに従うよりも、最後までやり遂げようとする自分の意志を通します。自分の意見を言うことに夢中になって、他の人のことばを聞こうとしないために、大人との間に争いを起こしやすい時期ですが、友達との間を相互に統制できるようになったり、思考力が論理的になり、知識欲が旺盛になる時期です。

このように、3学期は発達の成長=発達の節目が見られる時期で、お子さま達はその成長と、次の学年へ進級・進学する嬉しさ、そして不安の中で3学期を過ごしていきます。オーストラリアの精神科医・心理学者、アルフレッド・アドラーは、「子どもに対して勇気と共同感覚を育みましょう」という発言をしています。成長の節目は「どうしてこういうことを言うのだろう?」「どうしてこういう行動をとるのだろう?」と大人にとって理解が難しい行動が見られる時期です。しかしそこで子どもの視点に立ち、どうしてそういう行動をしたかを考える(共同感覚)と、その子の成長ゆえにでた行動、言動であり、心配する、叱る、などお子さまにとってマイナスになるかかわりではなく、お子さま自身が成長できるようなプラスのかかわり(勇気)ができ、お子さま達もさらに成長していきます。

いよいよ北風公園がリニューアルされました。外遊びで体を思い切り動かし、心も発散しつつ、しっかりと次の学年への準備ができるよう、教員一同お子さま達をサポートしてまいります。3学期もどうぞ宜しくお願いいたします。

Following the Eastern zodiac, this year is said to be on that “brings in good luck”. I hope it can be a happy and prosperous one for you and yours.
This term is always said to be the one that shows the most obvious growth in children. The children were full of excitement at the Opening Ceremony, but at the same time, they were able to sit nicely, listen closely, and understand what was being told to them. Junior children have entered the phase where they can do basic things like keep clean and eat by themselves, and have begun asking “Why?” about things, showing a desire to learn more. Children who usually speak a lot and ask many questions have begun wanting to know about their friends and the wider world. They are showing better posture and control of their bodies. They have learned to differentiate between private possessions and things that are shared. They have even learned empathy, asking their friends to wait, and showing understanding and thanks.

The intermediate children have a better understanding of their hearts and minds, and can think before they do things. They are able to play smoothly with their friends, and compare themselves to others, along with feelings of justice and courage. However, these feelings develop relative to experience and conditions, and can sometimes be misplaced. There is a path to developing understanding and ease with things like this, and having one’s own thoughts on a situation confirmed by someone like their parents is important. This time period is one where children will really look to their parents for stability, so please take time and do things together like drawing, taking a walk, etc. This will help them to be well-rounded individuals.
Meanwhile, the senior class will be graduating soon. Rather than listen to orders from an adult, they have a desire to see things through to the end. While they can get caught up in their opinions, not noting those of others and leading to trouble with adults, they are good at having longstanding friendships with their classmates. Their thought processes become very logical, and they have a continuous thirst for knowledge.

All of these reasons point to the third term being one of progress. Children go through the third term full of both anticipation of the next step, and anxiety of the unknown. Australian psychologist Alfred Adler once said “Children should be taught bravery and empathy together.” This time period makes a lot of adults wonder “Why are they saying these things? Why are they doing these things?” But if you take a moment to look at things from a child’s point of view (empathy), you will see how growth brought these actions and words, this worry and anger, and regard it not as a negative thing, but the side effects of something positive (bravery). This will lead to even more growth for the child.

Last but not least, with Kitakaze Park open again, we will have lots of fun outside, working to develop our bodies and minds, and get ready for the coming school year. We look forward to serving you again this term.

2017年02月06日