HOMENATURE DISCOVERY > April’s Nature Discovery

April’s Nature Discovery

140515

Senior・年長組

年長:年長組4月のNature Discoveryのテーマは「地球大好き」。“春を探そうマップ”を持って、北風公園へ行ってきました。北風公園へ行く前に、地球には様々な国があるけれども、自分たちが住んでいる日本には4つの季節があること、そして今は“春”という季節であることをクラスで話し、春はどのような季節なのかを図鑑で調べたり、友達と意見を出し合ったりしました。公園へ行くと、先月まで雪遊びをしていた公園はすっかり春色!「雪はもうないね!」「土が見える!」「アリもいるよ!」と春を喜ぶ声が聞かれ、またモクレンの花が咲いているのを見つけた時には、ヒラヒラと散ってくる花弁を拾い上げ、「お布団みたいに柔らかいね!」「他のお花よりも厚いよ!」と、様々な発見をすることができました。他にも桜の花やクロッカスを見つけ、温かい日の光や風を感じ春の訪れを実感し、地球の素晴らしさを少し感じた一日になりました。

Intermediate・年中組

年中:年中組になって最初のNature Discoveryは「生きる自然」というテーマでした。四季の写真から、春から夏には葉が茂り、秋には豊かな実を付けた後、木々の葉が落ち、やがて冬になるとあたり一面、雪に覆われる変化を見て、改めて季節の移り変わりを感じたようでした。動物たち(熊やへび、リスなど)が冬の間はどうしているのかな?の質問には、「寝てる!」「冬眠してるんだよ!」と知っているお友だちもたくさんいました。さらに、どうして冬の間は寝ているのかな?と尋ねると「眠たいから。」「寒いから。」など楽しい意見がたくさん出た中、「食べ物がないから!秋にいっぱい食べて、食べ物が出てくる春まで寝るんだよ。」と素晴らしい答えが出ました。木の上で眠っているリスは冬眠の途中で起こされると、餌を探しに行くことができずに死んでしまうことを知り、びっくり顔。外はすっかり暖かくなり、枯れていた草木も緑を増し、花々も咲き始めた様子をみて、お子さま達は、「動物たちもきっと目を覚ましているね」と想像し、笑顔がたくさんこぼれていました。

Junior・年少組

年少:初めてのNature Discoveryは、「土とお日さま」というテーマで行いました。Class 1の部屋に3クラス全員が集合して、まずは教師劇からスタート!太陽と雲が出てきて、太陽が出てくると明るくなったり、暖かくなったりすることを知りました。そして、途中から太陽の光をいっぱい浴びたチューリップのペープサートが出てきて、3択のクイズにもチャレンジ!「 “土・砂・石”の中でチューリップの大好きなお布団は?」という問題に、悩みながらも土を選び、正解をしたお子さま達。各クラスに土が入ったケースがプレゼントされ、それぞれのお部屋で、一人ひとりゆっくりと土の感触を確かめていましたよ。「ふわふわしてるね!」など思ったことを伝え合っていました。5月は、外の花壇にみんなでトマトの苗を植える予定です。楽しみですね!

2014年05月15日