HOMEMESSAGE FROM IYK > 「我を忘れる」夢中体験と「達成感」

「我を忘れる」夢中体験と「達成感」

111

太陽の日差しがだんだんと強くなり、暑い夏の始まり、7月を迎えようとしています。

 先日の「Super Playtime」の時間には、全学年で北風公園へ行き、外遊びを楽しみました。芝生でEnglish Teacherとサッカーを楽しむお子さま、鉄棒や雲梯に果敢に挑戦するお子さま、松ぼっくりや花を集めて砂ケーキをつくるお子さま、かけ石を見つけて、コンクリートにお絵描きを楽しむお子さまなど、それぞれが夢中になって遊んでいました。

 また、北風公園には小山があるのですが、遊具も何もない小山もお子さま達にとっては、格好の遊び場所。力強い足腰で、どんどん下から登ったり、また上から駆け足で降りてきます。「転ばないかな」とひやひやして見守っている教師に脇目も振らず、草が生えていない土がむき出しのところを一生懸命登ろうとする年少組に、「こっちの方が登りやすいよ」と草の方に手を取ってひっぱってあげる優しい年長組。「ズボンが真っ黒に」と思っている教師の横を、笑顔で草の上、そして土の上のおしりすべりを楽しんでいる年少・年中組。ただただ色々な感触を感じられる坂道を、自分の体を思い切り使って登り降りすることが楽しいんだな、と感じました。

 お子さま達は、「自然」、「もの」、「人」の世界のおもしろさに浸ることの中で、「我を忘れて」その時の自分を発揮していきます。そしてその体験が「自我を育ち」に繋がっていきます。またその体験には、達成感と失敗感、喜びとくやしさ、共感と対立、誇りと挫折など、プラスとマイナスの感情どちらも感じることが大切で、その揺れ動きの中で、プラスの感情が少しだけマイナスを上回った時に感じる「達成感」が、お子さまを大きく成長させます。

 急で、滑りやすい坂を自分の力で登れたという達成感は、年少組にとっては、とても嬉しいことなのでしょう。プラスの感情はその時の喜びや満足感に変わるので、お子さま達は、「○○ちゃんと、遊べなかった。」「友達に○○と言われて嫌だった。」「サッカーでボールに全然触れなかった。」など、マイナスの感情の方をお家でお話すると思います。
しかし、お子さま達はマイナスの感情以上にプラスの感情も日々感じて過ごしています。マイナスの感情をお話した時には、ぜひそれに対してお子さま達自身が向き合い、格闘できる(立ち向かえる)、共感とプラスの声かけをしていただければと思います。

 先日は、たくさんのご父母さま、そして祖父母さまに参観日にお越しいただきありがとうございました。駐車場のご協力も、本当にありがとうございました。幼稚園での姿を見てもらえた、ということがお子さま達の自信にも繋がったようです。1学期のまとめ、7月もお子さま達の「達成感」が感じられる活動を充実させてまいります。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

As the sun becomes fiercer the start of a hot summer is upon us. The children are enjoying Super Play Time a lot where everyone went to Kitakaze park and some of the children played soccer with the English teachers while others challenged themselves with iron bars, finding pine cones or drawing pictures on the concrete.

Kitakaze park has a small hill with out any equipment on this but for children this is a great place to play. They can improve their leg muscles by climbing this small hill. As the teachers watch on wondering if the children will fall over, the children are finding new ways to climb the hill. As the teachers feel like the children clothes are becoming dirty the children are simply having a good time and experiencing the world.

Children become fascinated with the world around them be it nature, things or people they often lose a sense of themselves. That leads to them gaining confidence. There are also things to be gained and lost through these experiences of the world around them.

For example, being able to climb a small hill is a happy thing with a lot of positives for the Junior children. There are also negatives that occur such as “I couldn’t play with this friend”, “they don’t like me” or “I couldn’t get the ball in the Soccer game”. These might be talked about by the children when they come home. However, every day the children have positives and negatives which they can take away. If the children seem to dwell on negative things please turn this into a positive by talking to them.

Thank you to all the caregivers who attended the open class days. Also thank you for understanding the lack of car parking space. It is a great opportunity to see how your child is at Kindergarten. Each and every child has developed so much in the first term.

2019年07月05日