HOMENATURE DISCOVERY > October’s Nature Discovery

October’s Nature Discovery

Nature Junior

Senior・年長組

10月のテーマは、『やさいを食べよう』です。年長組のもとに、4月から野菜の植え方や、育て方を教えてくれた“種屋さん”の奥さんが来て、年長組に「一日に食べる野菜の量はどれくらいでしょうか?」というクイズを出しました。お子さまたちがいろいろと考える中、キャベツ一玉、にんじんは一本くらい食べた方が良いと答えを教えてもらうと、自分達の想像をはるかに超えた量にとても驚いた様子でした。また、その他にも野菜を食べる大切さや色々な種類の野菜をバランスよく食べる必要性を教えてもらいました。その後、お料理上手な奥さんから、野菜を使ったスープの作り方を教えてもらい、キャベツ、タマネギ、にんじん、大根を使ったスープ作りに挑戦!調理の途中で鍋一杯に入れられた野菜を見て「そんなに食べられるかな?」「野菜だけで美味しいのかな?」と話す声も聞かれましたが、完成したスープを口にして「野菜だけなのにこんなに美味しいんだ!」「身体が温まる!」と野菜スープの味に大満足。スープにするとたくさんの野菜も食べられることを知った年長組でした。

Intermediate・年中組

10月のテーマは、『やさいを食べよう』です。前日からCookingを楽しみにしていたお子さま達。「先生、何をつくるの?」と待ちきれない様子でした。初めに、使う野菜についてのクイズを出すと「あ、ピーマンだ!僕、食べられるよ!」「それは玉ねぎだね!」と目をきらきらさせながら元気いっぱいに答えてくれました。その他にウィンナーやチーズなども使うことを知らせると、「ピザでしょ!!」とますます眼を輝かせていたお子さま達。餃子の皮に具材をのせて見せると、「あ、知ってる!おいしいんだよね。」と嬉しそうでした!なかには「餃子の皮にのせたら餃子になっちゃうんじゃない?」ちょっと心配そうなお子さまもいましたが、Cookingを始めると、楽しみながら、一人ひとりのお子さまが自分なりに考えた、餃子ピザがたくさんできました。ホットプレートでカリカリにした焼きたての餃子ピザはとてもおいしかったようで、何度もおかわりをするお子さまもいましたよ。おいしく野菜をいただき、お腹も気持ちも大満足の一日でした。

Junior・年少組

10月のテーマは、『やさいはおいしい』でした。4月から様々な食育活動を通して、苦手だった野菜が少しずつ食べられるようになり、給食に野菜が出ても残さずに食べるお子さまが見られるようになりました。10月は、食べられるけどまだ少し苦手な野菜を使ってCooking!今回使うのは〝ピーマンとコーン〟です。ピザトーストをつくることを伝えると大喜びのお子さま達。作る前は、ピーマンは嫌いだからのせないと言っていた数人のお子さま達も、Cookingがスタートするとピザソースをぬり、コーン・ピーマンをのせ、仕上げにチーズをのせ終ると「あれっ、ピーマンたくさんのせちゃった!」とついつい勢いでのせてしまったようです。さらにこんがり焼けたピザトーストが目の前に運ばれてくると、「いただきまーす!」ととっても美味しそうにピーマンを食べていましたよ。苦手な野菜も自分でつくると美味しく食べることができたようですね。これからも少しずつ野菜の美味しさに気付いてくれればと思います。
2014年11月15日