HOMEMESSAGE FROM IYK > レジリエンスが育つ言葉 “Good Job!”

レジリエンスが育つ言葉 “Good Job!”

IMG_2841

一年の最後の学期、3学期がスタートしました。年少、年中、年長組それぞれのお子さまにとって3学期は一人ひとり成長の喜びと、次の世界への期待と、ちょっぴりの不安に胸をいっぱいにする学期です。「もうすぐ小学生だね。」「次は年長組だね。」など、大人はお子さま達が次の学年に上がる喜びや嬉しさのみを言葉にして伝えがちですが、お子さま達にとっては「小学校ってどんなところだろう」「今のクラスの友達と離れてしまうの嫌だな。」など不安を感じるお子さまもいて「幼稚園へ行きたくない。」と口にするかもしれません。大人達同士が話す会話、大人の言葉をお子さま達はよく聞いています。お子さまの話をよく聞き、今どんなことを思っているか、何を楽しみに思い、何に不安を感じているかを感じ取り、言葉をかけることが3学期はとても大切ですね。

 幼稚園でもそれぞれの学年に掲げた幼児期の発達課題をクリアし、次への発達へと誘導する学期です。3学期は、日数上一番短い学期ですが、とても大切な期間ですので、お子さまの健康管理も十分ご留意いただいて、お子さまが「楽しく」幼稚園生活を送れるよう、ご協力を宜しくお願いいたします。

 さて、例年にない少ない雪で令和2年がスタートしました。日本、そして世界各地で起きる自然災害が年々大きさを増し、南極の氷の溶ける速さが年々速くなったり、オーストラリアでは森林火災が未だ続いていたりと、雪が少ない嬉しさを感じながらも、地球の環境を心配せざるを得ない今日この頃です。また、社会情勢も、経済も、技術革新も、身近な幼稚園では「教育の無償化」「働き方改革」など、様々な仕組みや価値観が相当なスピードで変革しています。

 このような状況の中では、現状を従来の様式に当てはめて考えるのではなく、「自分達の意識を変える」意識改革が大切になっていきます。「どうして○○になったのか。」と過去の視点ではなく、「どうやったら○○になるのか。」という未来を見据えた視点をもって考えることです。

 感情は3歳までに育つ、と言われています。色々試し、失敗し、たくさんのことを経験し学んでいく幼児期、失敗をした時に「だから言ったでしょ」「どうしてなったか考えなさい!」と言われたお子さまと、「“Good Job!” よく失敗したね。」「“Good Job!” 次、どうする?」と言われたお子さま、どちらのお子さまの感情は豊かになるでしょう。上手くいかない時、失敗した時に、考えたり、工夫したり、周りの人に助けを求められる人、そして周りに、考えたり工夫をしたりする時間的空間的余裕を与えられる人、“Good Job!”と言ってくれる人がいるお子さまは、逆境から立ち直る力、未来を見据えた考え方「レジリエンス」が育っていきます。

 変化が多い3学期、“Good Job!”を合い言葉に、ご家庭と幼稚園とで、お子さま達が心を安定させて、次へと成長していけるよう、サポートしていければと思っております。
 3学期もどうぞ宜しくお願いいたします。

The last term of the year, the third term has started. The third term signals growth as well as moving on to the next level with perhaps a little bit of anxiety. Parents may encourage their children at this time by saying things like “You’re going to Elementary School soon”, “You’re a Senior soon”, however children may feel like “What kind of place is Elementary school”, “I don’t want to leave my friends” or “I don’t want to go to Kindergarten”. Children often listen to adults talking to each other. Please listen to what your child has to say and help them through the third term.

As children have cleared the goals of the year, they are ready to move up to the next level. The third term is the shortest of the year but it is also the most important for growth so let’s have a productive third term.

There hasn’t been much snow at the start of the second year of Reiwa. There have been many natural events such as the bushfires in Australia and the melting of the polar caps that have made more people worried about global warming.

Within these situations it is important to reevaluate oneself as to why things have changed and how they can change.

It is said empathy is nurtured until one is three years old. It is important to try a lot of things and it is alright to fail. Which child is being raised better, ones that are told “I told you so”, “Why do you think that happened?” or “Good job! You failed well”, “Good job what should we do next?”, When things go wrong it is important to have people around you who say “Good job” and can help you think and plan to reach the next step through resilience.
Let’s have a great third term and use the phrase “Good job!” to motivate our children.

2020年02月05日