HOMEMESSAGE FROM IYK > 「信頼関係」で包まれる温かい教育環境を目指して

「信頼関係」で包まれる温かい教育環境を目指して

iykの願い

 北海道と本州を結ぶ北海道新幹線がいよいよ開業し、「北海道 新時代へ出発」という新聞の力強い文字が、新たな時代の幕開けと、それを担っていくであろう、お子さま達の未来を感じさせる、嬉しい春の到来です。
 
 さて、いよいよ新学期が始まります。入園・進級で夢いっぱいのお子さま達、ご入園・ご進級おめでとうございます。そして、お父さま、お母さま方、温かく力強いご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 生まれて初めてご家庭を離れて集団生活に入るお子さま、そのお子さまの園生活を心配で落ち着かないご父母さま、一方で末っ子の入園でようやくご自分の時間がとれるようになったと、ほっと一息なさっているお母さま、さまざまな気持ちで世話しなく過ごすであろう4月は、親離れ子離れの月になるでしょう。幼稚園では、お子さまにとって最も良い教育環境を構成するために、新しい試みも踏まえ、新学期の準備を整えました。
 
 3歳から6歳にかけての成長発達期は、特に『大脳発達』の面で全体の80パーセントが達成されてしまうといわれるほど、一生のうちで非常に大事な時期であり、この時期の教育は、『大脳教育』の営みを中核に据えた教育活動の展開が、もっとも効果的な教育実践になる時期です。例えば、幼児期のたくましく成長しようとするエネルギー源である「やる気」は「やる気脳」といわれる「A10神経」の働きを高め、ドーパミンの分泌を活発にすることによって盛んになり、「意志力」と「向上心」が強まっていきます。この「A10神経」は、感情を
つかさどる神経核が集まっていて、脳へ入ってきた情報に「好き、面白そう、やってみたい」もしくは「大変そう、つまらなさそう、やりたくない」というレッテルを貼る重要な役割を担っています。この重要なレッテルを「面白そう、やりたい」というプラスの方向への働きを高めるには、お子さまの精神状態の安定と、毎日を楽しく過ごし、お子さまにとっての生活の主になる「遊び」を遊びきる「しあわせ」です。

 インターナショナル山の手幼稚園の教育内容は、お子さまにとって「やってみたい」、「楽しそう」というものであり、またその教育方法は、お子さまが生活や遊びの中で興味をもち、自分からやってみたいと取り組めるような、お子さまにとっては遊びの延長上になるように、教師の声かけ、環境づくりを徹底しております。今年度は、外遊びを充実させ、年中・年長組は縄跳び、鉄棒、跳び箱などに楽しんで挑戦できるよう進めてまいります。また、外国籍教員が、英語環境、国際理解の環境を充実させてまいります。
 
 そして、お子さま達一人ひとりが、園生活を十分楽しんで過ごすためには、お子さまとの信頼関係を築くのはもちろんですが、ご家庭と信頼関係が築くことができなければ、お子さまは心から安心して幼稚園へ通い、心から楽しんで幼稚園生活を送ることができません。4月は、教育活動に入る前の、「楽しく」「安定した」「信頼感溢れる」「人間関係づくり」に専念いたします。ご家庭の子育てに関する考えを十分に聞き、一緒に大切なお子さまを育てていきたいと思っておりますので、何かありましたら、いつでも、すぐに幼稚園へご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

It is already a Spring full of changes, with the bullet train finally connecting Hokkaido to the main island of Honshu by rail. Newspapers are claiming it to be the “beginning of a new age”. In a way, you can feel it in the futures of the children themselves too.

The new school year is finally underway. Congratulations to all of the new and returning students. We ask that you give the children lots of warm support during this time. Some parents will be worried about their child taking their first steps away from home. Others will be relieved at getting their own private time when their youngest finally goes off to kindergarten. For everyone, April is a month of separation. In order to give the children a nurturing environment for when they are at IYK, we have taken some steps to make this new year especially enjoyable.

The time from three to six years old is said to account for eighty percent of a child’s mental development, making it an incredibly important period. Education during this time needs to be centered on cerebral development. It produces the most effective results. For example, the energy that children associate with trying and effort actually comes from a part of the brain called the A10 nerve. The release of dopamine is also associated with this area, which results in increased willpower and ambition.

Another role that this A10 nerve fills is the processing of information, dividing things in categories like “interesting, fun, exciting” or “boring, difficult, dull”. The way to get the brain to label things as enjoyable is by putting them in a safe environment, where children can equate play with happiness.

The idea behind the educational curriculum at IYK is to make things fun for the children in such a way that they want to try them themselves. This is reinforced through encouragement by teachers and maintaining a good environment. This year, we are looking to put more emphasis on outside play, including jump rope, stilts, and vaulting for intermediates and seniors. Our group of overseas teachers are also working hard to increase English and cultural understanding.

In order for children to fully enjoy themselves, it is important to build trust with them, but it is also very important to build a trusting relationship with everyone at home as well. Before beginning educational activities for the year, we will aim to build the concepts of “fun”, “safety”, “trust”, and “relationships”. Please let us know if you have any comments or concerns regarding our methods. We look forward to serving you this year.

2016年04月08日