HOMEMESSAGE FROM IYK > 「想像力」・「感性」・「表現力」

「想像力」・「感性」・「表現力」

IYK

 いよいよ本格的な冬の寒さに向かう12月になりました。「先生、昨日注射したけど泣かなかったよ。」とインフルエンザの予防ワクチン接種をされている声もお子さまから聞こえてきます。幼稚園では、朝登園したらまずはうがい、手洗いをし、室内の換気に注意をはらうなど、発症と感染の広がりがないよう、対策をしております。お子さまが急に38度以上の熱が出たり、頭痛や関節痛、筋肉痛などを訴えた場合は、迷わずお医者さんへ駆けつけてくださいね。

 さて、8月中旬から始まった園の2学期は、この12月まで一年で一番長く、教育活動の充実した学期であり、いよいよその締めくくりになります。その一つの成果をご覧頂けたのは、11月25、26日に行われた「Hyogen Festival」でしょう。

 「三つ児の魂百までも」という聞き馴染みのことばがありますが、ある本で幼児期にこそ、その目を開いておくべき力に、「想像力」、「感性」、「表現力」の3つがあげられていました。確かに、お子さま達はよく「想像力」を膨らませて、真似をしたり、ごっこ遊びをし、友達同士でやり取りをしながら遊びを広げ、また日々きれいなもの、美しいもの、不思議なものを見ては「感性」を身に付け、感じたことをからだ全体を使って大好きな人へ伝えるために「表現力」を身に付けています。この、日常生活の中で培っている「想像力」、「感性」、「表現力」全てが含まれているものがHyogenFestivalで発表されるMusicと劇(オペレッタやEnglish Play)です。

 Hyogen Festivalは、例年11月から各クラスで練習が始まり、実質2週間くらいかけて活動をし、総練習を経て本番を迎えます。最初の1週間はお子さま達自身がまだ全体の流れを理解していないので、場面の状況や台詞などがわかっていても、スムーズに台詞を言ったり動いたり、踊ったりはできません。しかしその後、急にすっとできるようになる日を迎えます。「あれ?昨日まで全然できていなかったのに…」と教師誰もが思うその日です。そしてその日を境に、音楽を聞くと自然と体を動かし口ずさむ姿が見られるようになり、年中・年長組になると「この時は、早く動いた方がいいんじゃない?」「こうやって動いたら、『怖い』って伝わるよ。」など劇の場面を友達同士で考えるようになります。このお子さま達の力は、日常生活の中で培っている「想像力」、「感性」、「表現力」の賜物であり、長い間お子さま達の中に少しずつ、しかししっかりと身に付いてきた力が鍛えられ、発揮された成果です。

 Hyogen Festivalへの取り組みでお子さま達は、他にも「友達と協力する楽しさ」、「場面を察知し、取るべき行動を考える我慢強さや集中力」、「お客さまに見てもらい、得た達成感」など様々なことを学びました。そんな一段と成長し、変化をとげたお子さま達の成長を喜びつつ、残りの2学期も教育活動の充実をしっかり図って参ります。

 最後になりましたが、衣装や当日の登降園、座席等ではご父母さまに多大なご協力をいただき、誠にありがとうございました。

Winter is finally here as December draws near. Some children have talked about getting flu vaccinations. At the kindergarten, prevention starts with washing up, gargling, and changing the air regularly. If your child develops a fever of over 38 degrees and complains of a headache, joint, or muscle pain, please don’t hesitate to have them checked by a doctor.

The end of the second, and longest, term is almost here. It had a fitting end with Hyogen Festival on the 25th and 26th of this month.

It is said that the things we learn by 3 years of age craft our personalities going forward. The three more important aspects of our personality developed in this time are imagination, sensitivity, and expression. Children frequently use their imagination when playing with friends, imitating, and roleplaying. They use their sensitivity with regards to cute, beautiful, or wondrous things. Expression is put to use showing things to the people we care about. All of these things are cultivated leading up to, and put on display at, Hyogen Festival’s musical performances and plays.

Practice for the festival begins in November and consists of about two full weeks of practices followed by a dress rehearsal. For the first week, the children don’t quite grasp the flow of their plays or dances. Even so, after a short while they can do the performance from memory. Even teachers are amazed by this sudden improvement. Soon, they remember the movements for certain music as well, and even go so far as to give each other acting tips. The power of imagination, sensitivity, and expression, built up slowly over time, allow the children to produce great results.

Hyogen Festival is a great opportunity for the children to also learn cooperation with friends, independent decision making, and accomplishment performing in front of others. We look forward to taking that bit of progress and using it to have an enjoyable, enriching end to the term.

Finally, thank you all very much for your hard work on costumes and arriving for the festival, as well as cooperation with regards to many things.

2017年12月05日