HOMEMESSAGE FROM IYK > Physical Festivalを通して学ぶもの

Physical Festivalを通して学ぶもの

negai

  9月6日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震により、被害が甚大であった胆振東部地域の皆さま、そして未だ不便な生活を強いられている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 幼稚園は建物自体に被害はなく、また幸いにも本園のお子さま達、教職員も大きなケガや被害はありませんでした。多くの皆さまから、お気遣いの連絡を頂戴し、大変ありがたく存じます。職員一同心よりお礼申し上げます。

 ただ食欲がなくなった、夜泣きをするようになった、余震があると泣くことがある、など、精神的に不安を抱えているお子さまもいるようです。子どもはよく、大人の言動、行動を見ています。規則正しい生活、温かい食事、家族の団らんを心がけるなど、いつもの日常を心がけると共に、テレビのニュースなどで怖い映像を見せることを避け、安心感を
与えていただきたいと思います。幼稚園でも、「平穏な日常」を心がけてまいります。

 さて、延期をさせていただいたPhysical Festivalがいよいよ明日となりました。Physical Festivalは身体をたくさん動かしていろいろな運動遊びを「楽しむこと」や、友達と力を合わせて「がんばる力」を身に付けるために欠かせないイベントです。普段から縄跳びや鉄棒、跳び箱、マットなど運動遊びをしているお子さま達ですが、Physical Festivalでは楽しく身体表現する中で、みんなで動きを合わせたり、形をつくったり、また最後まで諦めずに走る、力を合わせてがんばる、など普段の遊びだけでは補えない育ちが見られます。

 例えば「かけっこ」は、ただ走って一位が良い、というものではなく、「位置について」で走る位置に立ち、「よーい」で走る準備をし、「どん」の合図で走り出す、という立派なルールがあります。年少組は、このルールがわかり、コースに沿ってしっかり走り、さらに「走ることが楽しい」という気持ちが芽生えます。年中組は、転んでも最後まで走ることや、友達と競い合う気持ちが生まれます。そして年長組は自分の出せる力を一生懸命出して、一位になりたい、早く走りたい、というがんばる気持ちをもって取り組もうとします。

 もちろん走るのがあまり得意ではない子がいるでしょう、ダンスでうまくリズムをとれないお子さまもいます。しかし、「できないからしょうがない」「楽しければいい」ではなく、「上を目指す意欲」「できないことを悔しいと感じ、次は絶対にがんばる」という気持ちをもつことが、今後成長していく上で大事です。

 8月末からPhysical Festivalに取り組んできたお子さま達は、かけっこや遊戯、年長組はリレーやチアダンス、アトラクションに向かう表情や姿勢に明らかに変化が現われています。そんな一生懸命取り組むお子さま達に、晴天を祈りつつ、たくさんの温かい声援をどうぞよろしくお願いいたします。

September 6th was the Hokkaido earthquake, and there has been great suffering to the people of Hokkaido who are in our thoughts and prayers. There was no big damage to the Kindergarten as well as the children or staff. Thank you for all the concern that you have shown us. The staff of this Kindergarten are very grateful.

Some children were affected very deeply by this tragedy, not only losing their appetites, but also crying at night and crying just thinking about earthquakes. Children are always watching the actions of adults and need their support at this time.

Tomorrow is the long-awaited Physical Festival. The Physical Festival allows children enjoy moving their bodies as well as co-operating with their friends. The children usually use mats, jump ropes and iron bars to exercise, however Physical Festival is a chance for children to express themselves through moving in unison, making shapes, not giving up while running and combining their powers together.

For example, running a race is not just for winning but how to line up, and when to start running are important rules. Juniors can learn about these rules and have a lot of fun running. Intermediates fall down but never give up while running these races with their friends. Seniors can run to their full potential and aim to be number one.

Of course, there are some children who are not good at running or keeping rhythm while dancing. However, it is important to not be content with not being able to do something but rather aim to improve.

There has been great improvements from all the children over the past month and we hope you will enjoy seeing these improvements in the physical festival.

2018年10月05日