HOMEMESSAGE FROM IYK > 「楽しい幼稚園」を目指して

「楽しい幼稚園」を目指して

IM4_4367(合成)

 柔らかな春の日差しに包まれて、いよいよ新学期がスタートしました。

 ご入園・ご進級おめでとうございます。お子さま達は、新しい幼稚園生活への期待に胸を膨らませていることでしょう。進級のお子さまも新入園のお子さまも、しばらく緊張、興奮などが続く毎日になると思いますが、一人ひとりのお子さまを温かく見守り、楽しい園生活を送ることができるよう、教職員一同サポートしてまいります。

 さて、インターナショナル山の手幼稚園が創立以来、力を入れてきた教育の柱は「ことばの教育」です。人間は、言葉を話すことで、「気持ちを伝え合う」ことができます。しかも、このことばを使ってたくさんのことを理解し合います。さらにインターナショナル山の手幼稚園では、外国籍のたくさんの先生方と一緒に過ごす中で、世界中の人達と通じ合える「英語」も日本語と同じように身に付ける教育にも力を入れています。「ことばの教育」とは、ことばを話す前の「幼児画」の教育から始まって、外国語の習得までに広がる奥の深い教育活動です。ことばを自由に話せない幼児期の絵画は、「幼児のことば」です。幼児の心の中を覗く「心の窓」の役割をしてくれる幼児画活動を丁寧に行い、また英語を話す楽しさを感じられる環境を整え、お子さま達の心に寄り添った園生活の実践を心がけてまいります。

 またこれからの時代、何かを知っていたり、できたりすることだけではなく、それらを使って他者と協働しながら最適の解決方法を見いだして実行する力、「見えない学力~非認知的能力」が必要な力と言われています。この力を身に付けるために、幼稚園では、「遊び」の価値をより一層認識し、お子さま達が遊びや生活を豊かに展開させるために、思い切り遊び、そこから、本園の特色である、英語、音楽、絵画、文字・かず、運動、食育の活動へとつなげていきたいと思っております。そのために、週1回、全園児がどのフロア、場所でも遊べる時間「Super Playtime」を設定し、子ども同士がかかわり、自分達で遊びをつくり出して楽しめる時間を設けてまいります。

 本園の園長、菅原孝悦先生が幼稚園を始められたとき時、誓いをたてられました。それは、「幼児にとって楽しくなければ幼稚園ではない」です。お子さま達が毎日元気に登園して、たくさんの友達と精一杯遊んで、心も身体も大きく成長し、まずはぜひ「楽しんで」幼稚園生活を送ってほしいと思っております。 

 今年度もご父母さまの温かいご支援とご協力を宜しくお願いいたします。

Spring has arrived signalling the start of a new year. Congratulations to all the children who have entered the Kindergarten and moved up a grade. The children may be nervous but we will endeavour to do our best as a teacher to support them.

Ever since the Kindergarten was established the focus has been on vocabulary education. Humans can express their feelings when they talk.  Using conversation can also deepen understanding. With all the foreign teachers at IYK we hop to improve the children’s English as well as placing emphasis on their Japanese. Vocabulary Education stems from an image which helps children understand foreign languages. Children who cannot speak freely can be supported. We hope to provide activities that can open the window to each child’s heart and help them gain enjoyment from speaking English.

In the modern era it is important for children not only to be able to know and do things but for children to unlock their inner potential through co-operating and dealing with others. This also starts from Discovery Time and it is through Discovery Time that the children can transition into English, Music, Art, Letters, Numbers, Exercise and Nutrition which is the cornerstone of the Kindergarten. In order for this to happen once a week the children will play together as a Kindergarten in a special allotted time.

The Principal of this Kindergarten, Sugawara Kohetsu had a vision when he established this Kindergarten. A Kindergarten should be fun. Children should come cheerfully to Kindergarten play a lot with their friends, grow in body and heart and enjoy Kindergarten.

Let’s have a great year together.

2019年04月15日