HOMEMESSAGE FROM IYK > 自分の意志を伝えるための英語習得を目指して

自分の意志を伝えるための英語習得を目指して

IYK

 外の日差しがだんだんと強くなり、暖かさが増してきました。いよいよ本格的な外遊びの季節になり、園庭ではサッカーや鬼ごっこ、年少組は砂場やスウィングバギーで元気いっぱいに遊んでいます。ヘリコプターの音を聞いて空を見上げ、「あの雲しゅってなっているね!」と話したり、蟻を探しているうちに、コンクリートの陰にカタツムリを見つけて「みてー! 小さなカタツムリがいる!」と興奮したり、外遊びは園舎内の遊びとはまた違う、たくさんの発見や体験ができる場所のようです。さらにグループ活動が始まった年長組は竹馬
や一輪車を行う姿もよく見られるようになりました。竹馬や一輪車はバランス感覚を養う遊具で、一生懸命打ち込むことで、注意力、集中力、さらに我慢する意志力も養われます。グループ活動の練習をする年長組をみて、他のグループの年長組もやってみたいと取り組み、その年長組に憧れを抱く年中組も竹馬や一輪車に挑戦する姿も見られ、園庭は日々お子さま達の活気で溢れています。

 さて、現在大学入試改革が行われ、2020年度から現在のような大学入試センター試験が行われなくなり、高校の基礎学力テストが大学入試の時に反映されたり、また選択式のマークシートに加えて記述式の問題が導入され、身に付けた知識だけではなく、「思考力・判断力・表現力」が問われるような出題に変わる、と言われています。特に英語は、「読む(reading)・書く(writing)」が中心だった学校での学習やテスト問題が、「聞く(listening)・話す(speaking)」といったコミュニケーションを重視した「読む・書く・聞く・話す」の4つの技能の評価になり、例えば「書く」のテストでは、「インターネットを通して友達を増やすことに対してどう思うか、自分の意見とその理由を英語で書きなさい」という問題や、「話す」のテストでは、「『日本の学生はもっと海外を旅行するべき』という意見に対して、賛成か反対か2分間で英語で話しなさい」というような問題になっていきます。ここで大切なのは、ただ「英語が話せる」ということではなく、「自分の考えをどう英語で伝えられるか」がこれからの時代、問われるということです。

 インターナショナル山の手幼稚園では、「英語」を園の特色とし、日々英語を母国語とする先生達が日常生活でかかわりをもち、さらにカリキュラム立てられたEnglish lessonやEnglish activityを行っております。その中でお子さま達は①まずは外国籍教員と仲良しになり、先生が話すことばに好奇心をそそられ、②先生のことば(英語)の口まねをし、③身の回りのものやあいさつなど、簡単な英語を話したり、歌ったりし、④アルファベットに興味をもって読んだり、書いたりしていきます。この流れこそが言語習得の流れであり、母国語と同じように第二言語(英語)を習得し、コミュニケーションの道具として使えるようになるのです。大好きな外国籍の先生と話したいから英語をもっと知りたい、というコミュニケーションのツールとしての英語を、楽しみながら習得できるよう、これからも“楽しい英語環境”を整えていきたいと思っております。そしてご家庭でもぜひ、お父さまやお母さまが楽しく英語を使う姿をお子さま達に見せてあげてください。

 先日は、「春の面談」で幼稚園へお越し頂きありがとうございました。ご家庭と園が信頼し合い、意思疎通をすることで、お子さまも大きく育っていきます。今後ともご父母さまと連絡をとらせていただき、お子さま達をサポートしていきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

The sun shines happily often these days, and the season of outside play is here. Very often the children can get out in the school lot, playing things like soccer, tag, and in the sand box. They’ll remark on things they see, be it a helicopter in the sky, flowers in the garden, or ants and snails on the ground. It is full of experiences they can’t have indoors. Senior group activities are also underway. The children are trying their best to learn things like the stilts or unicycle outdoors. This takes a lot of concentration and commitment, two important skills to develop. Even better, the intermediate children see them and have a desire to try it as well.

For older children, change is in the air. Starting in 2020, the Center Exam, which previously determined university placement, will be done away with. In its stead will be a new test that also takes into account the scores on standardized tests in high school, as well as adding essay portions on top of the normal multiple choice tests. It will place more emphasis on thought processes, decision making, and expression, as opposed to rote knowledge. For English, this means the previous system that only focused on reading and writing will expand to include listening and speaking sections as well. So in addition to questions like “Write how you feel about the idea of making friends over the internet.”, there will also be things like “Take two minutes to talk about your feelings why or why not Japanese students should travel overseas more.” meaning that the ability to simply speak English will not be as important as the ability to express oneself in it as well.

Here at IYK, where English is one of our specialties, there are a number of teachers who use it as their native language, and in everyday life. Also, the English curriculum was devised to provide worthwhile, enjoyable English lessons and activities. The step towards this are as follows: 1) Make friends with the overseas teachers, thus 2) mimicking their speech patterns and 3) using it with their friends while finally 4) taking an interest in and learning the alphabet, leading to reading and writing. This is the flow of learning a language, and once acquired, becomes an invaluable communication tool. We are hoping to foster a “fun English environment”, wherein the children want to learn more English from the overseas teachers they adore. And if the chance arises at home, please feel free to show your children that English can be fun by speaking it as a family.

Recently, we held Spring Conferences. A number of parents were able to attend, and for that we thank you. It was a wonderful opportunity for communication and understanding and I hope it can serve as a stepping stone to a very prosperous year together. Thank you once again.

2017年06月05日