HOMEMESSAGE FROM IYK > 「自然」とのかかわりで「心」をつくる

「自然」とのかかわりで「心」をつくる

111111111111

 夏休みが終わり、元気なお子さま達の声が幼稚園へ戻ってきて2週間が経ちました。そしていよいよ北海道の秋の始まり、9月を迎えます。

 今年は、肌寒い初夏を迎えたかと思えば、本州よりも気温が高く、蒸し暑い日が続き、そしてまたお盆は雨が続いたりと、異常気象を感じさせる天気が続いておりますが、「秋」は、一年中で心身共に一番充実する季節と言われています。また幼児期は、春に身長が伸び、秋に体重が増えるというリズムをもっているため、食べ物も、春には小魚などカルシウムをたくさん含んだもの、秋には、良質のタンパク質とビタミンCを含んだものの献立が良いそうです。

 さて、これから9月15日に行われる「Physical Festival」に向けて、秋を感じながら園外で活動することも多くなってきますが、実は幼稚園のお子さまの中にも「虫嫌い」のお子さまが多くいらっしゃいます。部屋に虫が入ってくると、怖くて目が離せなくなってしまったり、お弁当を外で食べるとき、敷物の上に蟻一匹でも上がってくると、お弁当を食べられなくなってしまったり、また逆に虫をみると興奮して、足で形がなくなるまで踏みつぶしてしまうお子さまもいます。

 幼児期に生涯の好き嫌いが決まってしまうものに、食べ物の種類、虫や小動物の種類などがあり、また色へのこだわり、花の美しさへの感覚、音の美しさへの感性なども幼児期に身に付いていきます。しかし、自然、特に「秋の自然」にかかわることによって、その好き嫌いに対する「心」は広がります。虫をじっくり観察してその体形や動きの不思議さ、面白さを感じたり、葉が風に揺れる音を聴いたり、草や木の実が赤や黄色に色づく景色の変化を見たり、また海の中に住む秋の魚に興味をもったり、空がだんだん高くなり、昼間は雲がそして夜は月がきれいに見えることを感じること。秋は音や色、いのちや自然がわかりやすく感じられる季節なので、これらのことを通して、その感動が心に響き、「心」が育っていくのです。

 「豊かな人間性」とは感動する心、美しさを感じる情緒が不可欠です。先日行われましたCrops Thanksgiving Dayは、IYKガーデンで育って収穫した野菜でカレーライスをつくり、もちをついて食べるお祝いの日で、園長先生が「人間を活かしてくれる食べものと、そのいのちに感謝する日」として行っております。これからどんどん秋が深まっていきますが、自然の変化を目や耳、体で感じ、虫や植物、動物の「いのち」に触れられるよう、ご家族の方もぜひお子さまに話しかけていただければと思っております。

 最後になりましたが、イベントの多い2学期も、ご父母さまのご協力を得て進めて参りたいと思っております。力強いお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

   It has been two weeks since the children have returned form their summer vacation. Also it is the start of Autumn in Hokkaido.

   This year the temperature has sometimes been higher than Honshu and humid days have continued from Obon, Autumn is often known as a comfortable season. The children have grown so much since spring and should get into a rhythm during Autumn of eating well, whilst Spring foods include small fish that have calcium, Autumn has foods with a lot of protein and vitamin C.

   The beginning of Autumn means physical festival is on the way and a lot of activities are held outside, however some of the children have been sayings things like “I don’t like insects”. Some children are scared when insects come inside the kindergarten or when they are outside and an insect lands on a lunchbox the children don’t want to eat the food that has been touched. There are also children who squash insects.

   Kindergarten children have likes and dislikes such as insects and food but they can also appreciate the beauty in things like flowers and music. However, through getting to know nature, especially Autumn they can build heart. By looking at insects closely one can appreciate their shape, movement, uniqueness as well as listening to the sound leaves make in the wind, the change of Autumn colours, the Autumnal marine life, the height of the sky, and the long clouds. Autumn is a season known for it’s sounds and colours so it is easy to build heart from it.

   “Better Humanity” felt through the heart can feel unlimited beauty. Yesterday was Crops Thanksgiving Day and the children could eat the vegetables they harvested and mochi as well as celebrating the words of the principal. These words are “Let’s celebrate the food which nurtures us”. Autumn is a season where many things change and I hope that you can talk to your children about this.

   There are many events in the second term, and I hope that you will enjoy this with your children.

2018年09月05日