HOMEMESSAGE FROM IYK > 心身を健康に保つ「読み聞かせ」と大好きな家族

心身を健康に保つ「読み聞かせ」と大好きな家族

2222

 ひと雨ごとに朝夕の冷え込みが進み、めっきり秋も深まってまいりました。紅葉が綺麗な時期ですが、日暮れが早くなり、夕方の4時頃には急に暗くなります。交通事故や連れ去りなどの事故、事件に遭いませんよう、お子さまの安全保護を幼稚園とご家庭とでしっかり「防備」体制して参りましょう。また、寒い季節になり、インフルエンザもはやり出す時期です。幼稚園ではホームページの「Information」で感染症の状況をお伝えしております。ワクチンの接種やマスクの着用、熱や体調が悪い日は体を休める、など「予防」体制のご協力を宜しくお願いいたします。

 さて、お子さま達にとって「本を読む」「図鑑を見る」ということは、大好きな「遊び」の一つです。日常生活の中で味わうことのできない不思議な体験、空想の出来事があたかも本当のことのように思える面白さ、それを存分に与えてくれるのが、読書の魅力です。図鑑が好きなお子さまは「虫の図鑑」や「宇宙の図鑑」を食い入るように読み、「先生、どうしてブラックホールができたか知ってる?それはね…」などと大人も知らない知識を図鑑から得て、教えてくれたりします。また、絵本の読み聞かせの時間も大好きで、多くの言葉を知らない小さなお子さまも、英語の単語量がまだ少ないお子さまも、絵を見て、先生からの言葉を聞いて、想像力を膨らませ、絵本の物語に集中しています。
 
 年中後半から年長にかけて、「書く」ことや「読む」ことに興味をもち始め、友達に手紙を書いたり、自分で好きな絵本を声に出して読むようになります。さらに小学校に入ってからは、文字を書いたり、読んだりして授業が進んでいきますが、幼児期に必要なのは、この前段階になる「見る」「聞く」の力です。この力がないと、「書く」「読む」力はつきません。ましてや美しいものを見て美しいと感じ、悲しい出来事にあって悲しいと感じられる心が豊かでなくては、十分な学びはできないでしょう。

 また、年々子どものストレスや、ストレスによる病気が問題になってきていますが、こういった子ども達のストレスを緩和するために「読書療法」が取り入れられ、子どものストレス解消に大きな効果があると言われています。絵本の登場人物に自分を置き換えることにより、絵本がストレスを肩代わりしてくれる、ということです。 

 絵本や本を通し、心の栄養を十分に与えられたお子さまは、きっと人の痛みが分かる愛情たっぷりの大人に育っていくことでしょう。お子さまを本好きにさせる優れた方法はないようですが、お父さまやお母さまの愛情溢れる読み聞かせがお子さまにとっては、やはり一番。身近な人がお話ししてくれる、本を読み聞かせてくれることでお子さま達の心は生き生きと弾み、読書の楽しみを覚えていきます。

 今月は、“Let’s play together”や、“Special Saturday ~お父さまと遊ぼう”など、ご父母さまが幼稚園へ来ていただき、お子さま達と触れ合う機会がありました。大好きなお父さま、お母さまが幼稚園へ来てくれて、絵本の読み聞かせをしてくれたり、一緒に野球やサッカー、すもう、カードゲームを楽しむお子さま達の顔は満足感に溢れていました。11月の第3日曜日は「家族の日」です。ぜひ家族で楽しい時間をお過ごしください。最後になりましたが、“Let’s play together”や、“Special Saturday”にご参加いただいたご父母さま、本当にありがとうございました。

Rain all day has cooled down the temperature and Autumn is in full effect. It is a season to see beautiful colors but also it gets dark easily so one should be careful about accidents. Let’s protect our children together. It will get even colder after this and Influenza will easily spread around vaccines and masks can help with prevention of this.

The children love to read books and encyclopedias during playtime. Books allow children to have strange and wonderful experiences they can’t normally have in real life. Children who love encyclopedias such as ones about insects and space are often enthralled in them and they can teach things like why black holes exist to adults who don’t have this knowledge. Children who love listening and reading to books especially English ones can gain a lot of English vocabulary as well as expansion of their imagination.

Towards the end of Intermediates and in Seniors children become interested in writing and reading, doing things such as writing letters to friends and reading out aloud books they love. When children enter Elementary school, they need to learn how to read and write even more but in Kindergarten they need to learn how to watch and listen. If they don’t have this, children can’t learn to read and write. Children need to feel beauty and pain and have hearts that are wide otherwise they can’t learn. Children are also affected by stress and becoming sick thanks to stress. This is a major problem today. Reading can help relieve this as children can emphasize with the characters in a book.

Books touch childrens hearts which makes them have sympathy for others. There is no proven method to make children love books, however parents reading to their children at home is incomparable. If the people that the children love read them books them will become more interested in them.

This month there has been a lot of events where the parents have been able to come to the Kindergarten such as “Let’s play together” and “Special Saturday”. The children had a lot of fun playing with their fathers at activities such as soccer and sumo. The third Sunday of November is “Family Day”. Please have a great time with your family.

2019年11月05日