HOMEMESSAGE FROM IYK > お子さまの心を強くするスキンシップ

お子さまの心を強くするスキンシップ

image1

 いよいよ一学期の締めくくり、そして本格的な暑さを迎える7月になります。6月の第1週、2週に行われた参観日には、たくさんのご参観をいただき、ありがとうございました。ご家族の方がいらっしゃる中でも先生の話をよく聞き、楽しそうに活動に取り組むお子さま達の姿は素晴らしかったですね。もちろん、環境の変化に戸惑い、ご家庭でのいつもの様子と違うお子さまもいらっしゃったと思いますが、お子さま達はお子さま達なりに年少組から年長組へ成長するにつれ、「家の顔」「幼稚園の顔」「外の顔」とたくさんの顔を持つようになり、周りの環境を見ながら、「今、甘えられる」「今は頑張らなくてはいけないとき」とその場に応じた対応ができるようになっていきます。「ご家族の方がいなくても、友達とかかわり、伸び伸び幼稚園を楽しむ顔」もお子さま達はもっておりますので、どうぞご安心ください。

 さて、最近子育てにおける重要な要素として注目されているのが「レジリエンス」です。「ストレス」と相反することばで「外力による歪みを跳ね返す力」として使われるレジリエンスは、もともと、貧困などの生活環境において使われた言葉ですが、最近は、広い意味で、「くじけそうなことや困難なことに直面しても、そこから立ち直り、もうひと頑張りできる力」として、学校の授業などにも取り上げられています。

 どんな人にも日々生活をする上で、様々なところで「かんばらなくてはいけない時」があります。そしてそこには、「ふんばる力」が必要です。しかし、その力がないと困難な局面にであった時、「自分には無理だ」「やらないほうが楽」とすぐに挫折をしてしまい、ゆくゆくは、不登校になってしまったり、就職をしてもすぐに会社をやめてしまう、という事態に陥ります。そしてこの「レジリエンス」を育てる大切な時期が心の土台がつくられる0から6歳までの時期と言われています。何度挫折しても、再び挑戦することのできる頑丈な心「レジリエンス」は、小さい頃から、「何があっても大丈夫だよ」「何があっても受け容れるよ」という思いを何度も繰り返し伝えられ、安心感や信頼感という土台があってこそ、いざと言う時に思い切り頑張ることができるようになるのです。

 「レジリエンス」を育むためには、乳幼児期に受けたお父さま、お母さまからのたくさんの愛情が必要ですが、そこで大きな影響を及ぼすのが“スキンシップ”です。抱っこが大好きなお子さまは、大好きなご両親に優しく触れられると「人って温かくて心地よくて安心できる存在なんだ」という人への信頼感と、「自分は生きていて価値のある存在なんだ」という自己肯定観をもてるようになります。さらにその信頼感があると、キレるなどの衝動性や攻撃性も低くなります。愛情を込めてしっかり抱きしめる、頭をなでる、背中を優しくたたきながら、お子さまの内面に寄り添い、「見て!」のサインを感じた時は、まずは「あなたの気持ちはわかったよ」とスキンシップで知らせ、「確認したい気持ち」の部分を満たしてあげてください。

 7月は友達との楽しい集団生活の中で、体験したすべてのお子さまに「自信」を与え、そして「レジリエンス」につながるイベント「宿泊体験学習」があります。年長組はニセコに一泊、年中組は幼稚園に一泊、そして今年度は新たに年少組( 希望者のみ) が年中組の夕方のイベントに参加します。さらに8月には年中・長イマージョンクラスを対象に「All Englishでの宿泊体験」を企画中です。この宿泊体験学習を通してどのお子さまも「自信」をもち「自立」の一歩を踏み出します。ぜひ、「いってらっしゃい」とお気軽に送り出し、帰ってきた後はお子さまの話を充分に聞いて、できたことを「自信」へと繋げてあげてください。

 お子さまとたくさんのスキンシップをし、一緒に同じ事をして遊べる時期は小学校低学年くらいまでの短い間です。スキンシップによって育まれる大事な心の成長期、親子の絆がさらに深まる「楽しい夏」になりますように。

The heat of summer is in full swing as we move in to July. Thank you very much for attending the two Open Class Days in June. It was great to see the children being attentive and enjoying themselves, even with family members present. It was a chance to see them in a different environment, and how they react to new situations. Many children are becoming able to enjoy themselves at kindergarten, growing along with their friends.

Recently, the topic of “resilience” has come to the forefront in child-rearing. It is the opposite of stress, and applies to a child being able to resist the effect of outside forces. It is often used to describe poverty, or a difficult environment, but has come to take an extended meaning recently, and be applied to any situation where children meet adversity. Everyone has times in their daily life where they think “I must try my best!” At those times, the need for “energy to push back” is at a premium.

Without this ability, and faced with a difficult situation, many turn to the simple route, feeling it is easier. Others think “This is impossible for me!” and give up. This leads to children dropping out of school, or quitting soon after getting a job. It has been said the prime time to develop this “resilience” is in the years from birth until six years old. The key to developing this ability at such an early age lies in assuring and reassuring, giving children the feeling that no matter what happens, if they don’t give up, it can be overcome.

A big source of personal resilience that comes in early childhood is the love received from parents. More than anything though, it can be increased through more physical contact. Children that love to be held realize that “Being in contact with others is both comforting and safe.” as well as “There is a value to my existence.” The amount of love provided can lead to things like preventing a short temper, for example. Giving a big hug, a pat on the head, or a nice pat on the back can go a long way in helping children feel secure and acknowledged. It can communicate “I understand you.” as well as “I see what you are doing.”

For July, with the goal of building “self-confidence” and “resilience”, there will be overnight stay events. Seniors will travel to Niseko, while Intermediates spend a night at IYK. Interested Junior students can join the evening event that is planned. In August, there will be an All-English overnight stay for Immersion Seniors and Intermediates. All of these are done with the aim of fostering a bit more belief and confidence in the children as individuals. Please send them on the trips with anticipation of their growth upon return.

Please take the chance to have lots of contact with your child. The time where you can play together with them only lasts a few more years. Let this summer be a fun one, making the most of the growth that physical contact can bring.

2015年07月03日