HOMENATURE DISCOVERY > July’s Nature Discovery

July’s Nature Discovery

22222

Senior・年長組

年長組、7月のテーマは「心をこめてそだてよう」でした。「毎日食べているよ~!」と答えてくれるお子さまも多かった“お米”についてパネルやクイズで学び、みんなが毎日食べているお米も、食卓に上がるまでには、たくさんの過程があること、たくさんの人が心をこめて育てていることを知りました。年長組が育てているじゃがいもも、日に日に生長し、かわいい小さな花を咲かせ、外遊びの際には「お水あげたい!」「大きくなっているか見に行きたい!」と積極的にお世話をしている年長組のお子さま達。秋の収穫に向けて“おいしいじゃがいもになるように心をこめて育てよう!”とやる気に満ち溢れていました。

Intermediate・年中組

年中組は「土の中でも実は育つ」というテーマで、各クラスに分かれてクッキングを行いました。土の上で育つ野菜と土の中で育つ野菜が、それぞれどんなものがあるのかをクイズにして違いを知り、根が食べられる野菜のことを根菜と言うことも知った年中組さん。にんじんとだいこんを使ったクッキングをすることを知ると「どっちも根菜だね!」という声が聞こえてきました。お子さま達は上手にネコの手をつくって野菜をカットしていましたよ。「おいしくなーれ!」と気持ちを込めてスープを作り、給食と一緒にいただき、大満足のお子さま達でした。

Junior・年少組

年少組、1学期最後のテーマは、「みがなりだした」でした。園庭の畑でみんなが育てているトマトの苗のどこに実がなるのかをクイズを交えながら行いましたよ。先月に引き続き、紅白帽子をかぶって登場した、Chrisくんとなおちゃん。黄色い花が咲き大きく生長した苗にお水をあげながら、「トマトの実はどこになるのかな?土の中、それとも土の上?」と考えながら、一度お家へ帰ります。しばらくして、二人が畑に戻ると、苗にたくさんの緑の実がなっていました。みんなで春に植えたトマトの苗は、背丈が伸び、黄色い花が咲き、今はたくさんの小さな緑色の実をつけ始めたところです。これから、太陽の光をもっともっと浴びて、どのように生長していくのかを楽しみにしている年少クラスのお子さま達でした。
2015年08月15日