HOMEMESSAGE FROM IYK > 家族は心の拠り所

家族は心の拠り所

IYK
 

 今年も残り2ヶ月になりました。暑かった夏はスポーツフェスティバルを境にして一気に過ぎ去り、実りの秋も束の間、自然界は冬ごもりの支度に入りました。季節の変わり目は、朝夕と日中との寒暖の差が大きく、体調を崩したり、風邪を引きやすい時期です。どうぞご家族の皆さまの健康管理に十分ご留意下さい。

 幼稚園では、10月13日から23日にかけて、年中・年長組を対象にペアレンツティーチャーが行われました。ペアレンツティーチャーはご父母さまに先生として幼稚園へ来ていただき、お子さま達と触れ合う中で、子育てへの関心を深め、お子さまの育ちに目を向ける良い機会に、またお子さま達にとっては、『お父さま、お母さまは偉大だ』ということを再認識してほしい、という願いのもと前身の「お父さまの職場訪問」から引き継がれ始まりました。もちろんお仕事をされているご父母さまもおりますので、参加できる方が気軽に活動していただけることが大前提なのですが、今年度も各クラス、絵本の読み聞かせを始め、製作、ゲーム等お母さまたちの素晴らしいアイディアで活動を進めてくださり、お子さま達は大変喜んでおりました。「○○ちゃんのお母さん、こんなことしてくれたんだよ!」と目をキラキラ輝かせて話すお子さま達にとっては、お父さまやお母さまたちと触れ合える、そしてお父さま、お母さまの素晴らしさを実感できる、貴重で楽しい経験であったと思います。お忙しい中ご協力をいただき、本当にありがとうございました。

 さて、11月の第3週の日曜日は『家族の日』、そしてその前後1週間は「家族の週間」と定められており、「子どもを家族が育み、家族を地域社会が支えることの大切さについて理解を深める日(週間)」になっております。「親はなくとも子は育つ」(親がいなくても、自分自身の生きる力や社会の助けによって育つから、そんなに心配することない)という諺がありますが、人間の場合、ただご飯を食べて身体が大きくなればよい、というものではありません。特に幼児期は、お子さま自身の伸びる力や個性を尊重しながら、愛情と配慮に満ちた温かい「家庭での養育」が、お子さまの必要に応じて与えられ続けられることが大切です。「家庭での養育」とは、心も身体も健やかに、豊かに成長し、いずれ社会の一員として活動していく上での最低限のソーシャル・スキル(社会の中で、他者と強調して生活するための様々な能力や技術)を身に付けることで、『しつけ』に当たります。しつけというと、強い力が働く、という否定的な捉え方もあ
りますが、ここでのしつけは、幼児期の豊富なスキンシップとともに信頼関係が確立した両親から受ける愛情を伴った『しつけ』で、食事や排泄、衣服の着脱、清潔などの基本的生活習慣から、あいさつをすること、忍耐すること、分かち合うことなど最低限の社会的なルールを発達段階に応じて、たくさん褒められながら獲得していく社会的スキルになります。
 
 幼稚園でももちろん社会的スキルを培うサポートをしていますが、一番はやはり「家族」であり「家庭」です。家族による家庭でのしつけは、お子さまの一人ひとりの個性や発達段階、またその時々の必要に応じて伝えることができます。

 気温が下がり、夜長になる晩秋。ぜひ家族団らんの時間を十分にもたれ、お子さまとよくかかわり、将来どのような大人になってほしいかを考える時間を改めてもっていただけたらと思っております。お子さまの一番大好きな人は、お父さま、お母さまであり、何度注意をされても大好きな家族はいつまでも心の拠り所です。

There are only two months remaining in this term. The warm summer of Sports Festival has passed, and the natural world is slowly moving towards a cold state of rest. This is the prime season for colds and other diseases, so please take care of you and yours at home.

Here at the kindergarten, from October 13th through 23rd, the Parents Teacher events were held. This is a great opportunity for the children and parents to learn more as childcare as a whole, both through teaching the children something, and the kids having a chance to experience time with someone else’s mother or father and see the effort parents put in. It began from Career Day for fathers. There were activities like reading time, games, and crafts, which the kids all loved. Many of them said “So and so’s mother did this for us!” with a lot of glee. It was a great experience for everyone involved. Thank you very much for your efforts during such a busy time.

The third Sunday is Family Day, and the week leading up to and after it is recognized as Family Week. This is a chance to focus on family relationships and skills. It’s said that even without parents children can grow, but human beings aren’t content with just eating and growing. It is especially important with children of this age to have a healthy diet of care and discipline at home, too. This diet should provide them with basic social skills, so after they have grown from both a mental and physical standpoint, they are capable of becoming contributing members of society. Discipline is an important part of this, and can lead to better work habits and such in adulthood. But this must also be balanced with loving contact from parents. The children can follow this path to better eating and toilet habits, getting dressed, emotional control, and etc. Teaching the kids these skills while praising them all along.

Here at the kindergarten, we reinforce these skills, but home and the family is the best place for kids to be learning them. It better suits their developmental and personal needs.

With the colder season, please take care with regards to infectious diseases. It is a time to think about what kind of adult you’d like your child to become, and how to guide them there. The most loved person a child has is their own parents, and home is the place where the heart is most at ease.

2015年11月05日