HOMENATURE DISCOVERY > January’s Nature Discovery

January’s Nature Discovery

Senior・年長組

 1月のNature Discoveryは、Mr. Danと一緒に世界各国の冬について学びました。「オーロラ見てみたいな」「雪まつり行ったことあるよ!」「スケート得意だよ!」などと、国によっていろいろな冬の過ごし方をしていることを教えてもらったお子さま達。その中でも、特に興味をもっていたのは、「オーストラリア」。南半球のオーストラリアは、日本と季節が反対のため今は夏。そのため、今時期はビーチでSnowmanではなく“Sandman”をつくって遊んでいるということに「え~!」「楽しそう!」と笑顔のお子さま達でした。次回は、世界の冬の甘い食べ物についてまたまたMr. Danから教えてもらう予定です!

Intermediate・年中組

1月のNature Discoveryは再び“おはしchange”に挑戦!今回も一本の箸を鉛筆の様に持って、そこにもう1本の箸を通す持ち方を、1つ1つ確認しながら丁寧に行うお子さま達。「いつも箸使って食べてるもん!」「おうちでもやってるもん!」などと言いながら、スポンジをボールからボールに移す作業を前回よりスムーズに行う姿に成長を感じました。その日のランチでは、「もう少しでおかずを掴めたのにー!」と、友達と箸を使う姿を見せ合いっこをしながら挑戦する様子が見られていました。少しずつ箸の使い方が上達している年中組です。

Junior・年少組

 1月のNature Discoveryでは“3色食品群”の話をペープシアターで楽しみました。最初に登場したのは、3つの列車です。“血や肉をつくる”赤の列車、“体を動かす力になる”黄色の列車、“体の調子を整える”緑の列車の説明に「???」と少し不思議そうなお子さま達。ブロッコリーや魚、目玉焼き、パン、バナナ、おにぎり…と次々に出てくる食べ物をそれぞれの列車に乗せていくうちに、果物や野菜は緑の列車、ご飯やパン、麺類は黄色の列車、お肉や魚、卵は赤の列車になることが少しずつ分かり、「スパゲティは黄色の列車!」とみんなで一緒に考えることを楽しみました。その日からは、食事の時間になると「ご飯入ってた!元気に遊べるパワーになるんでしょ?」と、お部屋に貼られた3色食品群のポスターを見ながら嬉しそうに話す姿が見られました。
2022年03月03日