HOMEMESSAGE FROM IYK > IYKの英語教育・国際理解教育

IYKの英語教育・国際理解教育

iyk

 猛暑、そして残暑も続いた夏が去って、木の葉が色づき始める実りの秋を迎えました。

 先日行われたPhysical Festivalには、ご家族総出で終始温かいご声援をいただき、父母の会の役員の皆さま、各クラスのお手伝いのお父さま、お母さまをはじめ、たくさんのご協力を頂きましたことを厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。また遠方からたくさんのおじいさま、おばあさまもいらっしゃり、家族みんなに見守られ、今まで学んできたことを笑顔で一生懸命発表するお子さま達の姿が見られました。

 プレスクールのお子さま、そして年少、年中、年長のお子さまと、それぞれの体力と取り組みにおける上達の目覚ましさは、2歳から5歳(6歳)の4 ~5年の間にこんなにも伸びるものかと改めて驚かされました。お子さまの一生のうちで、一番成長・発達の目覚ましい時期に、教育を担わせていただいていることに我々教員、自重の気持ちを改めて感じさせていただきました。これからも精一杯の力をお子さま達に注いでまいります。

 さて、10月はお子さま達が楽しみにしているHalloweenがあります。IYKの外国籍教員が、企画から当日の活動まで中心になって進めるイベントです。またHyogen Festivalに向けての取り組みも少しずつ始まり、年長組とイマージョンクラスはEnglish Playに挑戦します。

 菅原孝悦園長先生の早期英語教育方針は、「無意識のうちに本能的に言葉を吸収できる幼児期に、英語の体験学習を始めると、幼児は、たやすく習得していき、音声を通じて遊びながら英語の基本を難なく身に付けていける。」という発達教育に根ざしています。

大脳の言語中枢は、生後2歳頃から急速に発達し、9歳頃から緩やかになり、10歳で頂点に達します。3~4歳の時期に、外国人によって、本物のよい刺激(英語)を与えると、脳細胞の絡み具合もより複雑化し、日本語ではない言葉の刺激によって、大脳の発達もさらに促進される、ということです。また、幼児期は音声面での習得能力も目覚ましく、ネイティブと同じ発音の習得が期待されています。

 インターナショナル山の手幼稚園における、「イマージョン」という母国語の習得方法に沿った英語学習は、赤ちゃんが自分の言葉を覚えていく「一定のパターン」(法則)に沿ったバイリンガル教育です。つまり、最初は外国籍教員からの絶え間ない話しかけの繰り返しの中で、イントネーションに慣れ、「音声」として大脳へインプットします。次に「口まね」の繰り返しで自分の意思を表現できるようになり始め、記憶力によって言葉の数を増やしていきます。さらに次の段階で言葉全体の骨組みが少しずつ身に付き、語彙も増えて、不完全だった「文法」も正しく意識するようになります。

 朝の挨拶から、帰りの時間まで外国籍教員と触れ合い、生活の中で英語を耳にし、時には覚えた英単語、英文を口にして外国籍教員とコミュニケーションをとっているIYKのお子さま達。大好きな外国籍教員のことをもっと「知りたい」「自分の思いを伝えたい」という意欲が「英語を話したい」気持ちに繋がっていきます。

 早いもので今年度の教育活動期間も折り返しを迎えました。たくさんの外国籍教員がいる他の幼稚園には無い環境を活かし「英語教育・国際理解教育」のさらなる徹底をはかる環境づくりに取り組んでまいります。どうぞ温かいご支援を宜しくお願い致します。

A long summer has finally passed and the tree leaves have started to change colour.
Thank you to all the family members who attended the Physical Festival and cheered on their children. I hope that you could see your childs smiling faces as they could show you how much they are able to do now.

Children from Pre-School to Seniors develop very quickly and it is surprising how much they change. This is also the time that children develop the most and it is important as teachers to recognize this. We endeavor to help your child reach their greatest potential.

October sees the coming of Halloween which the children are looking forward to. The event is planned by the Overseas teachers on the day and leading up to the day. Hyogen Festival will also start slowly where seniors and immersion classes will challenge themselves with English Plays.

Principal Kohetsu Sugawara has a firm educational policy where young children can absorb language sub-consciously and use it consciously in realistic and fun environments. The brain develops quickly from the age of two and peaks at the age of ten for language acquisition. Between the ages of three and four is a key period where words not present in Japanese can be learned. Also, children can gain native like pronunciation in this period.

The English education at International Yamanote Kindegarten is the same as what a baby goes through top acquire their mother tongue. As the children are exposed to language from the overseas teachers, they pick-up natural intonation through input. Through repeating the children develop the ability to remember more vocabulary and express themselves a little bit more. They further develop the ability to use correct grammar.

From greetings in the morning to the goodbye meeting the children of the Kindergarten are communicating with foreign teachers in English. The children want to express themselves more to the overseas teachers who they love. We will strive to make a Kindergarten where English can be acquired naturally and in a fun way!

2019年10月05日