HOMEMESSAGE FROM IYK > 充実した英語環境

充実した英語環境

FullSizeRender

 あたり一面が白一色の本格的な冬がやって来ました。いよいよ2016年の幕開けです。ご家族の皆さまお揃いで、希望溢れる新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 さて、12月から2人の外国籍教員が、そして1月末からは新たな外国籍教員がスタッフの一員として加わり、総勢8名になるインターナショナル山の手幼稚園。彼らの出身国は、イギリス、アメリカ、ニュージーランド、カナダと、園内はますます国際色豊かになり、日常生活で、自然と様々な国の文化を感じられる環境になりました。そして、本園が『イマージョンクラス』をスタートさせ、その第一期生が卒園してから、丸10年が過ぎようとしています。

 菅原孝悦園長先生の早期英語教育方針は、「無意識のうちに本能的に言葉を吸収できる幼児期に、英語の体験学習を始めると、幼児は、たやすく修得してゆき、音声を通じて遊びながら英語の基本を難なく身に付けていける」という発達教育に根ざしています。大脳の言語中枢は、生後2歳頃から急速に発達し、9歳ごろから緩やかになり、10歳で頂点に達します。3〜4歳の時期に、外国人によって、本物のよい刺激(英語)を与えると、脳細胞のからみ具合もより複雑化し、日本語ではない言葉の刺激によって、大脳の発達もさらに促進される、ということです。また、幼児期は、音声面での修得能力も目覚しく、ネイティブと同じ発音の修得は、幼児期以外においては、不可能とさえ言えるかもしれません。

 園の指導方針としている母国語の修得方法に沿った英語学習は、赤ちゃんが自分の言葉を覚えてゆく「一定のパターン」(法則)にそったバイリンガル教育です。つまり、最初は外国籍の先生からの絶え間ない話しかけの繰り返しの中で、イントネーションに慣れ、「音声」として大脳へインプットします。次に「口まね」の繰り返しで自分の意思を表現できるようになりはじめ、記憶力によって言葉の数を増やしていきます。さらに次の段階で言葉全体の「骨組み」が少しずつ身に付き、語彙も増えて、不完全だった「文法」も正しく意識するようになります。

 朝の挨拶から、自由遊びの時間、Morning Meeting、クラス活動、Lunch Time、そして帰りの時間まで、外国籍教員と触れ合い、生活の中で英語を耳にし、時にはリピートしたり、時には知っている又は覚えた英単語、英文を口にして外国籍教員とコミュニケーションをとっているI YKのお子さま達。イマージョンクラスにおいては、クラス内のHTとの会話、行動の指示、活動の振り返り等が英語で進められ、さらには絵本の読み聞かせ、アルファベットの読み書きも日常的に行われているため、目、耳、手、体全体からより多くの英語量がインプットされ、アウトプットに移行されています。

 「好きこそものの上手なれ」お子さま達は外国籍教員が大好きで、そして英語も大好きです。年々お子さま達の英語力が上がっていく姿を微笑ましく思うとともに、さらに「英語環境」が充実するよう、そして「国際感覚」を身に付け、「自立」し、相手の立場を尊重できるお子さまを育てることに力を注いで参ります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

インフルエンザなどにご注意され、楽しい冬休みをお過ごしください。

Winter is in full swing. 2016 is right around the corner. We hope the holiday season finds you and yours well.
This past month saw the addition of two new overseas teachers to the staff, with another one joining from January of next year. This brings the total number of overseas teachers at IYK up to eight people. They come from a variety of countries, like America, Canada, New Zealand, and England. The kindergarten is alive with English in all of the classrooms. It has also been ten years since the first Immersion Class students graduated.
Kohetsu Sugawara, our principal, always had the approach to English of “Teaching it to the children during a time when they are subconsciously absorbing English during class activities and play is most effective.” That is the progression we are aiming to complete. The language centers of the brain begin to function a lot from two years of age, are well rounded by nine, and complete by ten. At around three or four years of age, if real, native English is conveyed to the children, it will have a profound effect on their ability to learn and absorb. It even stimulates their brain from an overall educational perspective. Because of this, it could even be said that it is impossible to gain perfect speaking and pronunciation with any language started after this crucial period.

English, or bilingual, education follows the same teaching pattern as classes taught in Japanese, and follows the same pattern for learning that a baby might in learning their first words. It begins with hearing the words of the overseas teacher, and through repetition, getting used to the sounds as input. It follows with imitation, or using the same phrases to express themselves as well. This is when memory helps in increasing the available vocabulary. It ends with the construction of sentences, and using grammar to form complete expressions.

The children’s day in English starts from the moment they arrive with a greeting, to play time, to the morning meeting, to class activities, to lunch time, all the way up until the goodbye meeting. This whole time they are in contact with overseas teachers, sometimes repeating after them, sometimes recalling things they learned to say before. In Immersion classes, all of the directions and activities are advanced in English by the homeroom teacher, and include picture books, writing exercises, and more. This leads to the eyes, ears, hands, and whole body getting more and more used to English all the time.

The expression goes “We get good at things we like.” The children at IYK love the English teachers, and English by extension. We will keep working hard to see their English ability improve as the years go by, and do this by providing the best possible English environment. We look forward the coming year.
Please be careful, as influenza cases are on the rise recently. Thank you.

2016年01月08日